ここから本文です

トリックは“全て”実現可能!『グランド・イリュージョン』本編トリック映像公開

クランクイン! 8月14日(日)17時0分配信

 映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(9月1日公開)から、“雨をコントロールする”驚愕のイリュージョンが描かれた本編映像が到着。幻想的とも言えるこのイリュージョンについて、世界的マジシャンのデヴィット・カッパーフィールドは、“実現可能”であると語った。

【関連】『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』フォトギャラリー


 映像では、既に公開されている予告編と同じく、「天気を操る」と宣言したジェシー・アイゼンバーグ扮するアトラスが、雨を空中に止めるという神業を披露。さらに、彼が手をゆっくりと上げるのに併せて、空中に静止した雨粒が空に向かって登っていくという驚愕のイリュージョンが描かれている。

 本作のトリックを監修したカッパーフィールドは、「劇中のトリックは、すべて実現可能なものだ。逆さに降る雨のマジックは私の友人が特許を持っていて、本当にライブでも実現可能なトリックなんだよ」とコメント。一方のアイゼンバーグは、「僕がこの作品を大好きな理由は、ダマされるのと、タネ明かしとがセットになっていることだ。トリックがわからないフラストレーションを抱える事なく楽しめることがとても気に入っているんだよ」と語っている。

 本作は、アイゼンバーグ扮するアトラスが率いる正義の犯罪者集団フォー・ホースメンが、社会の悪によって不正に搾取された財産を奪い、民衆に還元する姿を描く痛快エンターテイメント。ホースメンを追い詰める悪の天才科学者役として、『ハリー・ポッター』シリーズで知られるダニエル・ラドクリフが出演し、初の悪役に挑戦していることでも話題を呼んでいる。

最終更新:8月14日(日)17時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。