ここから本文です

三浦翔平、後輩キャラから癒し系先輩キャラへ! イケメン王子っぷりに胸キュン

クランクイン! 8/14(日) 17:50配信

 現在放送中の月9ドラマ『好きな人がいること』に、山崎賢人、野村周平とともに“イケメン3兄弟”の一人として出演している三浦翔平に胸キュンする女子が続出している。本作ではいつも優しい王子様のような“初恋の人”を演じる三浦だが、元々は可愛い後輩キャラが似合う俳優だった。今回は、三浦の俳優としての経歴を追ってみたい。

【関連】「三浦翔平」フォトギャラリー


 これまで三浦は、伊藤英明主演の映画『BRAVE HEARTS 海猿』で演じた服部拓也役に代表されるように、“後輩キャラ”的な役を演じることが多かった。しかし、最近は癒し系の先輩キャラという役柄が目立ってきており、その先輩キャラが女子に大ウケしているのだ。

 西内まりやが主演したドラマ『ホテルコンシェルジュ』では、西内演じる主人公・天野塔子の先輩・本城和馬役。生真面目で同僚たちには厳しい姿勢も見せるが、お客様に対する笑顔と柔らかな物腰が女子たちの心をときめかせた。また、『ダメな私に恋してください』では、深田恭子演じるアラサーダメ女の柴田ミチコに想いを寄せる同僚・最上大地を好演。年下でありながらも、同僚としてミチコを支えるという役どころだ。同作では女子なら誰でも憧れるようなデートやプロポーズシーンも見せ、「最上くんロス」が生まれるほど人気を博した。

 そして、現在注目を集めている『好きな人がいること』では、桐谷美玲演じる主人公・美咲と同居する3兄弟の長男を演じる。ゆっくりと優しく、しっかりと目を見て、まるで子どもに話しかけるように美咲に話しかける姿は、それだけでもドキドキだが、本作ではメガネ姿や浴衣姿も披露。その姿で仕事に一生懸命な女性を包み込むようなセリフをささやくのだから、女心はガッチリつかまれる。

 三浦の甘いルックスと柔らかな物腰、繊細さは女子にとってまさに「理想の王子様」。デビューのきっかけともなったジュノンボーイコンテストの「理想の恋人賞」を体現した形だ。今回の千秋役は三浦にとってまさに「当たり役」といえよう。SNSでも、「心臓何個あっても足りない!かっこいい」「千秋みたいな人に愛されたら死ぬまで幸せやろなぁ……あんな人に惚れられたい」と三浦に恋する女子が続出している。

 最近では、城田優が三浦との“デート写真”をインスタグラムで公開して話題になったり、テレビ番組で高校を中退した過去を明かしてSNSを騒がせたりと、プライベートでも話題を振りまいている三浦。本作のストーリー展開とともに、三浦の動向からも目が離せない。(文:嶋田真己)

最終更新:8/14(日) 17:50

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革