ここから本文です

伊波洋一、野茂ジャパンに選出 20日から米国遠征 ジュニア野球 

沖縄タイムス 8月14日(日)10時25分配信

 中学硬式野球の大矢ベースボールクラブに所属する伊波洋一投手=鏡原中3年=が日本少年野球連盟が選ぶ「ジュニア・オール・ジャパン(野茂ジャパン)」のメンバー16人に選ばれ、20日に米国に向けて出発する。1週間の日程で、地元チームとの対戦やメジャーリーグ観戦、総監督でもある元メジャーリーガーの野茂英雄氏に直接指導を受けるなどし、腕を磨く。

この記事の他の写真・図を見る

 身長173センチの伊波は130キロ台の直球と、キレのあるカーブやスライダー、フォークが武器。内野を守ることもでき、長打力も魅力だ。3月のヤングリーグ全国大会で準優勝した大矢ベースボールクラブから、活躍した伊波が県内から唯一、選出された。

 多和田忍監督は「強気の投球でランナーを背負っても、粘り強く投げることができる。全国から集まるメンバーにも刺激を受けるだろう。臆せずに楽しんで、学んだことをチームメートにも伝えてほしい」と期待する。

 小学1年から野球を始めたという伊波は「速球には自信がある。相手打者のインコースを攻める自分の投球を貫く。野茂投手のような世界で活躍した投手のアドバイスをしっかりと吸収したい」と出発の日を心待ちにしている。

最終更新:8月14日(日)10時25分

沖縄タイムス