ここから本文です

台風7号が発生 発達しながら北上か

沖縄タイムス 8/14(日) 10:55配信

 気象庁によると14日午前3時、マリアナ諸島で熱帯低気圧が台風7号になった。時速約20キロで北東に進んでおり、発達しながら北上する見込み。今後の台風情報に注意を。

  台風の中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側330キロ以内と北西側170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

  台風の中心は48時間後の16日午前3時には父島の東約90キロの北緯26度55分、東経143度05分を中心とする半径180キロの円内に達する見込み。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルが予想されます。予報円の中心から半径300キロ以内では風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがある。

最終更新:8/16(火) 12:25

沖縄タイムス

なぜ今? 首相主導の働き方改革