ここから本文です

山梨学院、2勝目はならず…終盤の猛攻に屈す

ベースボールキング 8/14(日) 10:50配信

第98回 高校野球選手権大会
山梨学院 2 - 7 いなべ総合
<2回戦 8月14日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は大会8日目。好カードが目白押しの日曜日とあって、甲子園には6時30分の開場直後から満員の通知が出るほどの大観衆が詰めかけた。

 第1試合では、初戦で21年ぶりの勝利を挙げた山梨学院(山梨)が初の3回戦進出をかけていなべ総合(三重)と対戦。途中までは接戦を演じるも、8回に相手の猛攻を止められず2-7で敗れた。

 初戦は粘る長崎商(長崎)を振り切り、1995年以来となる甲子園での勝利を掴んだ山梨学院。この日は先制点を許す展開も、5回に4番で主将の滝沢虎太朗(3年)のタイムリーツーベースで逆転。直後に1点を失って追いつかれるも、2-2のまま終盤戦へと持ち込む。

 投げては吉松塁(2年)を5回までで代え、2番手・栗尾勇摩(2年)を6回からマウンドへ。当たりの出始めたいなべ総合打線を6回、7回と6者連続で内野ゴロに打ち取るなど、好リリーフで流れを渡さない。

 ところが打線が打ちあぐねていると8回、先頭打者の安打と盗塁でピンチを招き、内野ゴロの間に三進を許すと、相手4番にタイムリーツーベースを浴びてついに失点。勝ち越しを許す。

 すると勢いづいた相手打線を止められず、この回だけで5安打集中の5失点。2-7と大きく差をつけられた。

 反撃したい打線は9回に滝沢がサード強襲の二塁打を放つも後続が倒れてゲームセット。同校初となる甲子園2勝、3回戦進出の夢は潰えた。


▼ 山梨学院・吉田洸二監督
「とにかく打線が打てなかった。チャンスでもう一本が出なかった。継投に関しては正直迷った。捕手と相談して決めました。悔いはありません」

BASEBALL KING

最終更新:8/14(日) 10:50

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。