ここから本文です

中京、先制も後が続かず…相手の“うまさ”に屈す

ベースボールキング 8/14(日) 13:41配信

第98回 高校野球選手権大会
常総学院 8 - 3 中京
<2回戦 8月14日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は大会8日目。好カードが目白押しの日曜日とあって、甲子園には6時30分の開場直後から満員の通知が出るほどの大観衆が詰めかけた。

 第2試合では、14年ぶり出場の中京(岐阜)が常総学院(茨城)に挑んだが、3-8で敗れて2回戦で敗退となった。

 初戦では大分(大分)を12-4で破るなど、打線で圧倒した中京。この日も初回、リズムをつかめない相手先発左腕・鈴木昭汰(3年)を攻め立て、4番・今井順之助(3年)のピッチャー強襲のタイムリーで先制。さらに平秀匡(3年)の内野ゴロの間に追加点を挙げ、2点を先制した。

 ところが、先発の古田星投(2年)が徐々に相手打線につかまる。2回に1点を返されると、3回には犠飛で同点。5回にはバントヒットなどでペースを乱されたところでセーフティスクイズを許し、小技でかき回されて勝ち越し点を奪われた。

 以降は継投で悪い流れを断とうとするも、勢いに乗った常総学院打線を止められず。6回と7回に2点ずつを失い、8回にも1失点。打線も立ち直った鈴木に対して1点を返すのがやっとで、3-8で逆転負けを喫した。


▼ 中京・橋本哲也監督
「投手陣の体力の差が、そのまま差になったかなと思います。先制点以降うまく攻略することができなかった。(相手打線に関しては)2打席目以降はしっかり修正してくる。クレバーな打線でした」

BASEBALL KING

最終更新:8/14(日) 13:42

ベースボールキング

なぜ今? 首相主導の働き方改革