ここから本文です

奇跡の「5x」…諦めなかった東邦が大逆転のサヨナラ勝ち!

ベースボールキング 8月14日(日)16時45分配信

第98回 高校野球選手権大会
東邦 10 - 9 八戸学院光星
<2回戦 8月14日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は大会8日目。好カードが目白押しの日曜日とあって、甲子園には6時30分の開場直後から満員の通知が出るほどの大観衆が詰めかけた。

 第3試合は東邦(愛知)が終盤に驚異の粘りを見せ、9回に4点差を逆転。10-9のサヨナラ勝ちで3回戦進出を掴んだ。

 序盤は完全なる八戸学院光星(青森)のムード。初回、今大会初登板の藤嶋健人(3年)の立ち上がりを狙われて先制点を許してしまうと、追いついた直後の3回にも3失点。エースが早々にKOされてしまう。

 2番手の左腕・松山仁彦(3年)も5回に2点、7回には3点を失い、試合は大方決まったかに思われた。しかし、東邦ナインは最後まで諦めなかった。


 7回に浜嶋良明(3年)のタイムリーと藤嶋のタイムリーで2点を返すと、8回には高木舜(3年)の犠飛でもう1点。5-9として最終回を迎える。

 9回、諦めない東邦アルプスの応援に球場全体が乗った。大きな手拍子に包まれる中、先頭の鈴木光稀(3年)が安打を放つと、球場中が押せ押せムードになる。

 浜嶋が倒れるも、3番・松山仁彦(3年)がタイムリーを放って1点。4番の藤嶋が倒れて二死と追い込まれるも、5番の小西慶治(3年)が安打で望みをつなぐと、途中出場の中西巧樹(3年)のタイムリーで2点差。なおも一、二塁から高木が左中間を破り、2人を返すタイムリーツーベース。土壇場で試合を振り出しに戻した。

 球場が大歓声で揺れる中、打席に入った鈴木理央(3年)が甘く入った変化球を左中間へと弾き返し、この間に二塁走者が生還。最終回、執念の集中打で一挙5点をもぎ取り、東邦が奇跡の大逆転サヨナラ勝ちを収めた。

▼ 東邦・森田泰弘監督
「本当によくやってくれた。最終回の応援がすごくて、このまま終われるかという気持ちになれた。ありがたかった。(最終回は)満塁を作ろうと言っていた。満塁を作って、一振りで終わろうやと言っていた」
「ベンチに入っていて鳥肌が立った。選手の力です」

▼ 東邦・鈴木理央
「全体の応援で逆転できる雰囲気があった。最後まで諦めない東邦の野球ができた」

BASEBALL KING

最終更新:8月14日(日)16時45分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]