ここから本文です

広島、選手起用がズバリ! ヘーゲンズ&大瀬良が好投、エルが復帰V弾

ベースボールキング 8月14日(日)21時6分配信

● DeNA 2 - 3 広島 ○
<20回戦・横浜>

 広島が接戦をモノにし2カード連続の勝ち越し。来日初先発となったヘーゲンズが5回1失点と試合を作り、打っては一軍再昇格即スタメンとなったエルドレッドが、豪快な決勝アーチで首脳陣の決断に応えた。

 広島は初回、二死二塁の好機を作ると4番新井が左前適時打を放ち先制。1-1の7回は5番エルドレッドが6月14日以来の一発となる17号ソロを放ち、再び勝ち越しに成功した。

 さらに一死三塁とチャンスは続くと、8番石原が3点目となる適時打を中前へ。打ちあぐねていたDeNA先発・今永を7回に攻略し、これまで0勝2敗と苦手にしていた新人左腕に初めて黒星を付けた。

 今シーズン中継ぎで44試合に登板していたヘーゲンズは、中3日での先発にも関わらず5回1失点の力投。6回は一軍に再合流した大瀬良が1番からの攻撃を3人で抑え、待望の今季初勝利を手にした。

 7回以降は今村、ジャクソン、中崎と繋ぎ逃げ切り勝ち。3番手の今村が1点を返されたが、最後を締めた中崎は22セーブ目(2勝4敗)を手にした。

 広島は岡田、戸田が離脱するなど先発のコマ不足に陥っていたが、米国時代に先発経験のあるヘーゲンズが適応力を発揮。さらにこの日はルナとエルドレッドを入れ替えたが、期待の長距離砲がすぐさまを持ち味を発揮した。

BASEBALL KING

最終更新:8月14日(日)21時41分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]