ここから本文です

お祭り空間に人波 金沢ゆめ街道、歩行者天国を1.5キロに拡大

北國新聞社 8月14日(日)3時2分配信

 金沢ゆめ街道2016(同実行委員会、北國新聞社主催、アサヒビール特別協賛)は13日、金沢市中心部で開幕した。今年は片町交差点まで会場を拡大し、約1・5キロにわたってYOSAKOIソーランのパレード演舞や路上パフォーマンスなどを繰り広げた。出演者は、あふれかえる人波に負けじとステージ上で躍動し、県都のメインストリートが熱気で包まれた。

 青空の下、歩行者天国となった国道157号むさし―片町交差点間では、新設された片町きらら前など五つのステージや路上で、ダンスや太鼓演奏、お笑いライブなどが絶え間なく催された。

 イベント会場は、昨年から総延長が約400メートル伸びて公演数も増え、来場者がさまざまなパフォーマンスを欠かすことなく楽しんだ。YOSAKOIソーランの演舞を見たロシア出身の前田ナターリアさん(58)=金沢市=は「すごい迫力だった。来年もまた見たい」と声を弾ませた。

 歩行者天国には、ビアガーデンやドジョウのかば焼きなどの飲食ブースも並び、にぎわいは夜まで続いた。

北國新聞社

最終更新:8月14日(日)3時2分

北國新聞社