ここから本文です

OGが決勝点…マンC、グアルディオラ監督のプレミア初陣を白星で飾る

SOCCER KING 8月14日(日)3時21分配信

 プレミアリーグ第1節が13日に行われ、マンチェスター・Cとサンダーランドが対戦した。

 ジョゼップ・グアルディオラ氏を新監督に迎えたマンチェスター・Cは、2013-14シーズン以来のリーグ制覇に向けて好スタートを切りたいところ。同監督はスタメンGKに元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロを起用。新加入のイングランド代表DFジョン・ストーンズとスペイン代表FWノリートも先発に名を連ねた。また、キャプテンマークを同MFダビド・シルバに託している。

 対するサンダーランドは、デイヴィッド・モイーズ氏が新指揮官に就任。マンチェスター・Uから獲得したベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイと北アイルランド代表DFパディ・マクネアーがベンチスタートとなった一方、スコットランド人DFドナルド・ラヴは先発。その他、元イングランド代表FWジャーメイン・デフォーらもスタメン出場を果たした。

 試合開始早々の4分、マンチェスター・Cはエリア内でラヒーム・スターリングがDFに倒されPKを獲得。これをセルヒオ・アグエロがきっちりと決め、先制に成功する。

 勢いに乗るマンチェスター・Cは19分、エリア内でアグエロから横パスを受けたスターリングがDFをかわして左足のシュート。しかしこれはクロスバーの上へ外れた。

 その後もボールを支配するマンチェスター・C。36分にはピッチ中央でフリーとなったケヴィン・デ・ブライネがミドルシュートでゴールを脅かすが、ネットを揺らすことはできなかった。結局、マンチェスター・Cのリードは1点のままハーフタイムを迎える。

 後半に入り、追加点が生まれないまま時間が過ぎる。するとマンチェスター・Cは59分、ノリートに代えてヘスス・ナバスをピッチへ投入した。

 直後の60分、マンチェスター・Cのスターリングが左サイドをスピードに乗って突破。そのままクロスを上げると、DFがクリアミスしたところにアグエロが反応し、右足のシュートを放った。しかしボールはわずかにポスト左へ外れる。

 1点を追うサンダーランドは64分、ヤヌザイとワビ・カズリを投入し、攻撃の活性化を図る。

 それでも、マンチェスター・Cのリズムは変わらない。68分、エリア左でFKを獲得すると、デ・ブライネが直接シュート。ボールは枠内へ向かうが、GKヴィト・マンノーネがセーブし、ゴールを死守した。

 すると71分、サンダーランドはヤヌザイの縦パスを受けたデフォーがエリア内でGKカバジェロとの1対1を迎える。このチャンスを落ち着いてゴール右隅へ流し込み、同点に追いついた。

 同点に追いつかれたマンチェスター・Cは87分、ナバスが右サイドでドリブルを仕掛け、弾道の低いクロスを供給。これをGKマンノーネが弾くと、DFマクネアーに当たってボールはゴールへ吸い込まれた。マンチェスター・Cがオウンゴールによって勝ち越しに成功する。

 直後にタイムアップのホイッスル。マンチェスター・Cがリーグ開幕を白星で飾るとともに、グアルディオラ監督にとっても新天地で初勝利を挙げたこととなった。

 次節、勝利したマンチェスター・Cは敵地でストークと、敗れたサンダーランドはホームでミドルズブラと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 2-1 サンダーランド

【得点者】
1-0 4分 セルヒオ・アグエロ(PK)(マンチェスター・C)
1-1 71分 ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)
2-1 87分 パディ・マクネアー(OG)(マンチェスター・C)

SOCCER KING

最終更新:8月14日(日)3時32分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。