ここから本文です

シティがモイーズ・サンダーランドに辛くも勝利、ペップ初陣を飾る

ゲキサカ 8/14(日) 8:21配信

[8.13 プレミアリーグ第1節 マンチェスター・C 2-1 サンダーランド]

 プレミアリーグは13日、第1節を行った。マンチェスター・シティはホームでサンダーランドと対戦し、2-1で勝利。ジョゼップ・グアルディオラ監督の初陣を白星で飾った。

 昨季4位に終わったシティは、バイエルンをブンデスリーガ3連覇に導いたグアルディオラ監督を招聘。4-1-4-1の布陣で、新戦力のFWノリートとDFジョン・ストーンズが早速先発に起用された。対するデイビッド・モイーズ監督が率いるサンダーランドは、古巣マンチェスター・ユナイテッドから獲得したDFドナルド・ラブらが先発。MFアドナン・ヤヌザイはベンチスタートとなった。

 シティは前半4分、MFラヒーム・スターリングがPA内でDFパトリック・ファン・アーンホルトに倒され、PKを獲得。これを昨季24得点を挙げたFWセルヒオ・アグエロが右足でゴール左に決め、先制に成功する。

 だが、シティが追加点を挙げられないでいると、サンダーランドが一瞬のスキをついて同点に追いつく。後半26分、MFジャック・ロドウェルのスルーパスに反応したFWジャーメイン・デフォーが右足でゴールに流し込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

 後半35分にFWケレチ・イヘアナチョを投入するなど果敢に攻め込んだシティ。これが実ったのは終了間際だった。同42分、右サイドからMFヘスス・ナバスが仕掛けて鋭いクロスを送ると、GKが弾いたボールがDFパディ・マクネアに当たってオウンゴール。シティはこのリードを守り抜き、2-1で白星スタートを切った。

最終更新:8/14(日) 8:21

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革