ここから本文です

アーセナル期待のニャブリが4戦連発! ドイツがポルトガルを4発一蹴

ゲキサカ 8月14日(日)10時56分配信

[8.13 リオ五輪準々決勝 ポルトガル0-4ドイツ]

 リオデジャネイロ五輪の男子サッカー競技は13日、準々決勝を行った。ドイツ代表はポルトガル代表と対戦し、4-0で勝利。17日のナイジェリアとの準決勝に駒を進めた。

 一方的な展開に持ち込みかけながらも後一歩でゴールを奪えないドイツ。それでも前半45分、MFユリアン・ブラントのラストパスをPA左の角度のないところからMFセルジュ・ニャブリが右足でゴール右隅に流し込み、1-0。ドイツが1点リードで前半を折り返した。

 後半も攻撃の手を緩めないドイツ。同12分、右CKからDFマティアス・ギンターが打点の高いヘッドで合わせ、2-0とする。さらに同30分、センターサークル内でMFスベン・ベンダーがボールを奪うと、MFマックス・マイヤーがゴール前までボールを運び、ラストパス。これをPA左からFWダビー・ゼルケが右足ダイレクトでゴール右に流し込み、リードを3点差に広げた。

 後半42分にはブラントのリターンをPA中央で受けたDFフィリップ・マックスが豪快に左足で叩き込み、4-0。ドイツがアーセナル期待のアタッカーの4試合連続ゴールなどでポルトガルを一蹴し、ベスト4進出を決めている。

最終更新:8月14日(日)15時15分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]