ここから本文です

ハートではなくカバジェロ起用のペップ「プレシーズンでとても良かった」

ゲキサカ 8月14日(日)13時55分配信

 マンチェスター・シティは13日、プレミアリーグ開幕戦でサンダーランドをホームに迎え、2-1で競り勝った。ジョゼップ・グアルディオラ監督が試合後の会見でGKウィリー・カバジェロについて言及している。

 今季からシティを指揮するグアルディオラ監督は、ゴールキーパーにも高い足もとの技術を要求している。そのため、古巣バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーや、バルセロナのチリ代表GKクラウディオ・ブラーボ、GKマーク・アンドレ・テア・シュテーゲンらへの興味が報じられていた。

 開幕戦を迎えたシティは、事前に報じられていた通り、GKジョー・ハートをベンチに置き、カバジェロが先発に名を連ねた。試合は開始4分でPKを獲得し、シティが先制する。後半26分にカバジェロは失点を喫したが、終了間際のオウンゴールで辛くもグアルディオラ監督の初陣を白星で飾った。

 英『デイリー・メール』によると、グアルディオラ監督はカバジェロ起用について「ウィリーはプレシーズンでとても良かった。彼は今日、私の信頼を強く得た。だから、彼を選んだんだ」と理由を語り、「今日のメンバーはこのゲームのためのものだ。もちろん、ジョーが次の試合(チャンピオンズリーグプレーオフのステアウア戦)でプレーすることはできるが、どうするかは決まっていない」と明言は避けた。

最終更新:8月26日(金)15時53分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合