ここから本文です

バイエルン戦控えるドルト指揮官、チームの出来に不安「準備万端ではない」

ゲキサカ 8月14日(日)18時7分配信

 ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、現時点でのチームの出来に不安を抱えている。クラブ公式サイトが伝えている。

 ドルトムントは14日にバイエルンとドイツ・スーパー杯を本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで行う。2016-17シーズンの開幕を告げる戦いだけに注目が集まるが、トゥヘル監督は「ベストのパフォーマンスを見せられるほど準備は進んでいない。状態は万全ではなく、すべてのポジションが準備万端なわけではない。それでも、明日はできる限りのことをやりたい」と不安な気持ちを吐露した。

 今夏ドルトムントはDFマッツ・フンメルスやMFイルカイ・ギュンドガン、MFヘンリク・ムヒタリアンらが移籍。その一方でDFマルク・バルトラやDFラファエル・ゲレイロ、MFマリオ・ゲッツェ、MFアンドレ・シュールレら8選手を獲得した。だが、EURO組は「基礎練習が不十分」な状況にある。

 厳しい状況でライバルとの対戦を迎えるが、トゥヘル監督は「戦う相手と難しさを考えれば特別な試合だ。最高レベルで試されることになる。現時点での状態の目安になり、改善すべきポイントも見つけられるので楽しみにしているよ。プレシーズンの練習を5週間できた選手もいれば、2週間しかできていない選手もいる。毎試合で自分たちの立ち位置を確認していくつもりだ」と意気込んだ。

最終更新:8月14日(日)18時7分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。