ここから本文です

佐賀と宮崎、沖縄の天皇杯出場チームが決定

ゲキサカ 8/14(日) 18:29配信

 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会に出場する佐賀県と宮崎県、沖縄県の代表チームが14日に決定した。

 佐賀県は、決勝戦でFC.TOSUと佐賀大が対戦した。120分間でお互いに得点は入らず、PK戦に突入した試合は、PK4-1でFC.TOSUが勝利。天皇杯初出場を決めた。28日の1回戦ではJ2のロアッソ熊本と対戦する。

 宮崎県決勝では、J.FC MIYAZAKIとホンダロックSCが対戦。3-0でホンダロックSCが勝利し、2014年大会以来、2年ぶり12回目の出場を決めた。

 沖縄県では、J3のFC琉球と海邦銀行SCが決勝戦を行い、8-0でFC琉球が勝利した。27日の1回戦では宮崎県代表のホンダロックSCと対戦する。

 なお、ここまで14都道府県の代表が決まっており、残りは20日と21日に出場チームが決まる。

最終更新:8/14(日) 18:29

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革