ここから本文です

【ペブルビーチ 16】アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様、米国初公開へ

レスポンス 8月15日(月)8時45分配信

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは、米国カリフォルニア州で8月15日に開幕する「モンテレー・カー・ウィーク」において、『アヴェンタドール・ミウラ オマージュ』を米国初公開する。

画像:アヴェンタドール・ミウラ オマージュ

モンテレー・カー・ウィークの有名イベントが、「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」。全米から車好きの富裕層が多く集まる一大イベントで、世界中から貴重なクラシックカーが展示される。

アヴェンタドール・ミウラ オマージュは6月下旬、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でワールドプレミア。同車は、ランボルギーニの名車、『ミウラ』誕生50周年を記念し、50台のみが生産される限定モデル。『アヴェンタドールLP700-4』をベースに、ランボルギーニの「Ad Personam」プログラムによるカスタマイズを施した。

そのハイライトは、ボディカラーにある。赤い専用ボディカラーは、「Rosso Arancio Miura」と命名。ボディ下部とアルミホイールは、ゴールドで仕上げられ、ミウラの雰囲気が再現された。ボディサイドには、「Miura 50」のエンブレムが装着される。

室内は、専用のレザーシートを採用。「50」のロゴが添えられた。カーボンファイバーパッケージを標準装備。レザー仕上げのダッシュボードには、Lamborghiniのロゴが入る。「Miura 50」と表記されたシリアルナンバープレートも付く。

パワートレインに変更はない。ミッドシップには、6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力700hp/8250rpm、最大トルク70.4kgm/5500rpmを引き出す。0‐100km/h加速は2.9秒、最高速350km/hと、世界屈指の性能を備えている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月15日(月)8時45分

レスポンス