ここから本文です

菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮がGReeeeN歌う

音楽ナタリー 8月15日(月)8時0分配信

GReeeeNの楽曲「キセキ」が誕生するまでの物語を描いた映画「キセキ ーあの日のソビトー」の一部キャストが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今回発表されたのはナビ役の横浜流星、クニ役の成田凌、ソウ役の杉野遥亮の3人。劇中では彼らと菅田将暉演じるGReeeeNのリーダー・HIDEによるライブシーンも観ることができる。今回の配役について横浜は「僕が初めて買ったCDはGReeeeNさんのアルバムです。大好きなGReeeeNさんのメンバーとして出演させて頂けて凄く嬉しいです。顔を公表していない皆さんを演じることに、大きな責任とプレッシャーを感じながらも、楽しんで演じさせて頂きました」とコメントしている。

映画は、松坂桃李演じるGReeeeNのプロデューサー・JINと、菅田扮する彼の実弟でGReeeeNのリーダー・ヒデの兄弟が、ヒット曲「キセキ」を生み出すまでの物語を描いたもの。彼らのほか忽那汐里、小林薫、麻生祐未、平祐奈らが出演する。

横浜流星(ナビ役)コメント
僕が初めて買ったCDはGReeeeNさんのアルバムです。大好きなGReeeeNさんのメンバーとして出演させて頂けて凄く嬉しいです。顔を公表していない皆さんを演じることに、大きな責任とプレッシャーを感じながらも、楽しんで演じさせて頂きました。現場では監督、スタッフさんが近い存在でいてくださり、4人の一体感や雰囲気をとても大切にしていました。本当に心から楽しく撮影できました。ぜひGReeeeNさんのファンはもちろん、沢山の方に観て頂けると嬉しいです。

成田凌(クニ役)コメント
僕ら4人はいい雰囲気で、控え室でも菅田さんを中心に楽しくやらせてもらいました。4人で会う機会が何度もあったり、歌練習の合間にカラオケに行けたり、そういう空気を監督自らが作ってくれて、本当に助けになりました。僕らの歌の完成版を初めて聴いた時、泣くぐらい鳥肌が立って、歌が好きになりました。お芝居もみんなでやることで改めて好きになりました。本当に楽しくて貴重な現場で、この4人の空気感が皆さんに伝わると良いなと思います。

杉野遥亮(ソウ役)コメント
兼重監督からソウのキャラクター作りの際に、僕からインスピレーションを受けたとおっしゃっていて、そういった意味では気負わずに自然体で演じていくことができました。本格的な演技をするのはこの映画が初めてで、アドリブも多かったり苦労もありましたが、毎日がすごく充実して楽しくて、一番最初に経験できたのがこの作品で本当に良かったと思います。僕らが感じた楽しさを、同じように映画を観た皆さんにも感じていただけると嬉しいです。

JIN コメント
この度は出演して頂き、そしてこんな「縁」を頂き本当にありがとうございます。みなさん懸命にメンバー達の特徴を練習して頂き、私が見てもメンバーそっくりな瞬間を多々感じられるほどでした。そしてそれは仲の良さや、無邪気さ、そういった内面的なものにまで及び、当時から見てきたGReeeeNを思い出し涙が止まらなくなりました。松坂さんや菅田さんに「JINさん泣いてる!やったー!ウェーイ!」と言われ、恥ずかしくなりつつもお二人を始め、偉大な俳優の皆様方の仕事姿に自分もまた感銘を受け、自分もこういう仕事をしていこう、とまた新たに思いました。まだ映画は公開されてはいませんが、間違いなく心に残る映画になると思います。皆様の明日への糧に!

(C)2017「キセキーあの日のソビトー」製作委員会

最終更新:8月15日(月)8時0分

音楽ナタリー