ここから本文です

JAXAの閉鎖環境試験に2900人の応募…長期宇宙滞在について

レスポンス 8月15日(月)9時30分配信

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、第2回「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」の被験者募集を8月3日で終了したと発表した。

[関連写真]

7月21日に募集を開始してから、8月3日に募集を打ち切るまで、約2900件の応募があった。JAXAでは現在、被験者候補の選考作業を進めており、最終的に8月中に8人の被験者を選考する。

試験は国際宇宙ステーション(ISS)宇宙飛行士の精神心理的健康状態評価手法を向上させるため実施するもの。試験を通して、将来の超長期有人宇宙滞在にも適用可能な精神心理的健康管理手法の獲得を目指す。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月15日(月)16時48分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]