ここから本文です

会社に壊されない生き方(6) ── 普通の自分が「切り開いていく実感」

THE PAGE 8/15(月) 17:37配信

THE PAGE

 「お金だけが目的の会社でなく、社会課題の解決に役立つビジネスをしたい。だが、経営者の経験はなく、特別優秀でもない自分にできるのか」 ── そう思った経験がある人は、市民団体「ナマケモノ倶楽部」の共同代表で、コーヒーの焙煎・卸売業などを営む有限会社スローの小澤陽祐社長(40)の話がヒントになるかもしれない。小澤社長は16年前、会社員経験ゼロ、コーヒー豆の専門知識ゼロながらスロー社を設立。当初は赤字続きだったが、今では経営を軌道に乗せている。その小澤社長は、自らを特別の才能を持たない「普通の人」と評する。

【連載】会社に壊されない生き方

 オフィスのガラス扉を横に開けると、コーヒーの香ばしい香りがほのかに漂ってきた。車のガレージを少し大きくしたようなフロアの右側には機械が2台。奥にあるのは、コーヒー豆を挽くための大きなミルだとわかったが、手前の機械の名前がわからない。

 「それは、コーヒー豆を煎るための焙煎機です」と小澤社長が教えてくれた。

 スロー社は、JR常磐線松戸駅からバスで十数分、団地と住宅が立ち並ぶ街の中にある。スタッフは小澤社長を含めて13名。有機栽培のコーヒー豆を扱う「オーガニック」、海外産地と公平な取り引きで仕入れる「フェアトレード」、社内で焙煎する「自社焙煎」の3つが特徴で、飲食店や小売店にコーヒー豆を卸す他、コーヒーショップも有する。

 大学生の時、小澤社長は「良い会社に入って車や家を持つ、という未来が楽しそうに思えなかった」などの理由から、ほとんど就活をせずに卒業。約2年のフリーター生活を経た1999年のある日、知人に誘われてナマケモノ倶楽部の発足ミーティングへ参加した。

 ナマケモノ倶楽部は、森林保全や多様性を保つ「環境運動」、低エネルギーなライフスタイルを提案・実践する「文化運動」、フェアトレードや社会的起業を応援する「スロービジネス」を活動の3本柱に掲げる市民団体。エネルギーを極力使わず、仲間同士で共生するナマケモノの生き方を見習う、という趣旨からこの名がついた。略称は「ナマクラ」。

 ナマケモノを見習うというコンセプトが気に入り、その後も関わり続けた小澤社長は、やがてスロービジネスの実例として起業してみてはどうか、とナマクラから勧められる。フリーター生活に限界を感じていた小澤社長はこの話に乗り、2000年に他の20代の仲間2人とともにスロー社を設立した。

 会社の事業内容がオーガニックのコーヒー豆の卸売業に決まったのは、ナマクラの他のメンバーがすでに同事業に取り組んでおり、小澤社長らが困った時にも相談できるだろう、というナマクラ側の考えが背景にあった。小澤社長自体、別にコーヒー通だったわけではなく、それまで飲むとすれば缶コーヒーが主だったという。

 有限会社の出資金として必要な300万円のうち、2/3に当たる210万円をナマクラの複数メンバーが出資。この他、ナマクラでは会員向けにコーヒー豆を販売してくれたが、主だった支援はここまで。あとは、3人の経営にゆだねられたが、メンバーのビジネス経験は乏しく、ほぼゼロからの出発だった。「当初は営業のやり方もわかりませんでしたし、暇な時はキャッチボールをしていました。本当にだらしなかったです」と笑う小澤社長。

 営業先では、「オーガニックコーヒーは高くておいしくないんだよね」などと酷評される場合も多々あり、販売は低調だった。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 14:22

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。