ここから本文です

パトリック・スチュワート「ウルヴァリン3」で「X-MEN」シリーズ卒業か?

映画.com 8月15日(月)9時0分配信

 [映画.com ニュース] 「X-MEN」シリーズでプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアを演じる英俳優パトリック・スチュワートが、スピンオフにあたる「ウルヴァリン」シリーズ第3弾を最後に「X-MEN」シリーズを卒業する可能性を示唆した。ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンも今作をもって同役を引退すると表明している。

 シリーズ第1弾「X-メン」(2000)から同役を演じてきたスチュワートは、英ITV Newsのインタビューで「私にはわからないからなんとも言えないが、このシリーズに出演するのはこれが最後かもしれないと考えている」と言及。「だけど、SFやファンタジーにおいては、これで終わりなんてことは断言できないね」と付け加えた。

 米20世紀フォックスが手がけるタイトル未定の新作は、ジェームズ・マンゴールド監督のメガホンで現在撮影が行われている。スチュワートは今作で描かれるプロフェッサーXについて、「今度のチャールズ・エグゼビアは非常に異なるとだけ言っておこう。これまでに見たチャールズ・エグゼビアとはまるっきり別人のようだよ」語った。

 「ウルヴァリン3」は2017年3月3日に全米公開予定。なお、8月11日に全国公開される「X-MEN:アポカリプス」では若き日のプロフェッサーXをジェームズ・マカボイが演じている。

最終更新:8月15日(月)9時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。