ここから本文です

【K-1】復活の“狂拳”竹内「ぶっこんでいく」

イーファイト 8/15(月) 11:58配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-60kg世界最強決定トーナメント~』にて、約3年ぶりに復帰する“狂拳”竹内裕二(菅原道場)のコメントが主催者を通じて届いた。

【フォト】今回対戦する林健太の兄・将多をKOしている竹内

 竹内はボクシング仕込みのパンチを武器に、MA日本スーパーフェザー級王座、WMAF世界スーパーフェザー級王座を獲得。破壊力のあるパンチで野杁正明、水落洋祐、梶原龍児、山本真弘ら国内トップ選手を破ってきた。

「正直、もう試合はやらないだろうなと思っていたけれど、どこかにまだやりたい気持ちもあって。それが最終的に試合やりてえなぁってなった感じ」と、復帰の理由を語る竹内。

「試合を見に行ったらやる気が出るのかなって思ってたけれど、そういうわけでもなくて。後輩の(島野)浩太朗の試合を見ていても、そういう気持ちにならなかった。でもなんだろう…急に思ったんだよ、また試合やりてえなって。だから細かい理由はない(笑)」と、突然スイッチが入ったという。

 対戦する林健太(K-1ジム・チームドラゴン)はKrushを主戦場とする21歳の若手ファイターで、左ボディブローを武器に5勝(4KO)2敗1分の戦績。2013年3月に兄の林将多が竹内に1RでKO負けしていることから、兄のリベンジを宣言している。

「むっちゃいい顔してたよね。9月19日が楽しみになったよ」と竹内は印象を語り、「今まで俺は格闘技のことを知らないで格闘技をやってきたから、試合を休んでいる間にいろいろ試合を見にいったり、そこで思いついた必殺技もある。だからそれを早く試合で試したい。最後に試合をした時とは間違いなく別人になってるよ」と、試合が待ち遠しい様子。

 そして、「やるからには、各階級のチャンピオンがめっちゃ盛り上げてるんで。-62.5kg(の階級)に俺がぶっこんでいく。9月19日、今までとは違う、変わった“狂拳”竹内裕二をお見せします。お楽しみに」と、K-1をさらに盛り上げると意気込んだ。

最終更新:8/15(月) 11:58

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。