ここから本文です

カラカラ涼しげ別世界 高柳スキー場、風車3000本 柏崎

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8/15(月) 13:28配信

 柏崎市高柳町岡野町にある「高柳ガルルスキー場」のゲレンデ斜面に、赤や青など色とりどりの風車約3千本が並んでいる。カラカラと涼しげな音を立てて回る姿が、連日の暑さをいっとき忘れさせてくれる。

 芸術家の根岸和弘さん=埼玉県在住=が監修。虹と刈羽黒姫山の稜線(りょうせん)、棚田の風景をイメージして風車を並べ、自然豊かな高柳の魅力を発信している。

 昨年、高柳町地区の「県立こども自然王国」で初めて実施した。今年は風通しの良いスキー場を舞台に、風車を管理する自然王国が主催。地域住民らが風車を約2ヘクタールにわたって並べた。

 岡野町でギャラリーを運営し、企画に携わる今井伸治さん(61)は「ゲレンデの中を歩いて、すがすがしい風と風車の世界を体験してほしい」と話す。今後は高柳の発信と町おこしにつなげるために自分たちで並べ方のデザインを考え、風車を増やしながら独自のイベントとして定着させたい考えだ。

 14日はシンセサイザー奏者で音楽家の滝沢卓さん=富山県在住=のコンサートが開かれた。岡野町の主婦(68)は「自然の中で、素晴らしい演奏が流れ、風車が回っている様子は別世界にいるようだった」と楽しんでいた。

 風車は21日まで設置されている。

最終更新:8/15(月) 13:28

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ