ここから本文です

谷繁監督の休養で浮上、落合GMの責任論と中日の未来像

リアルライブ 8/15(月) 12:51配信

 8月9日午後6時、東京ヤクルト戦を控えた中日ドラゴンズが緊急会見を開き、谷繁元信監督(45)の休養を発表した。シーズン途中での休養、プロ野球界の慣例から見て、事実上の解任と見てまず間違いないだろう。
 「休養をお願いしたところ、了承をいただいた」
 同席した佐々木崇夫球団社長兼オーナー代行の言葉である。プロ野球界は『休養=解任』の世界だ。まだ40代の谷繁監督の将来を傷つけないようにと思っていたとしても、「お願い」「了承」の言葉はフォローになっていない。最下位に沈む戦況について、指揮官が責任を取らされたのだ。勝負の世界の厳しさは谷繁監督も分かっている。回りくどい言い方はかえって、相手を傷つけるだけだ。
 「中日は世代交代の過程にあり、戦力的に厳しい。谷繁監督のせいばかりではないと思うが…」(取材記者の1人)

 記者団は会見でこうも質問している。この現有戦力を構成し、谷繁監督を選んだ「落合博満GM(62)の責任論」についてだ。
 「どう言ったらいいのか。(責任は)GMだけではございませんが、時間とともに(責任の)所在を…」
 佐々木社長は考えながら答えていた、記者団はそんな印象を受けたという。
 後半戦の指揮はヘッドコーチだった森繁和氏が執る。経験豊富な森監督代行であれば、間違いはないだろう。
 「中日は『大人のチーム』です。年長者の多かったチームなので、ハプニングがあっても動じないというか、そういう気構えの大切さは現レギュラーに受け継がれています」(ベテラン記者)
 佐々木社長の曖昧な物言いから察するに、世代交代が上手くいかない現有戦力を託した落合GMの責任追及は行われない可能性のほうが高い。

 「落合GM自らが現場復帰するのではないか、と。それで勝てなければ『落合GM-谷繁監督』体制が間違っていたことになり、中日の生え抜きOBによる新体制も作りやすくなる。仮に『監督・落合』で勝てば、それはそれで近年の課題だった世代交代が達成されたことになる。落合GM主導で構成されたこの3季のチーム作りは間違っていなかったと証明することにもなるし…」(球界関係者)

 落合GMは62歳。セ5球団は40代の監督で固められ、時計の針を逆戻りさせることになる。森監督代行が正式に監督に就任したとしても、同じだ。
 「落合GMは森監督代行を高く評価しています。監督・ヘッドコーチだったころの信頼関係からしても、人事権を持つ落合GMが選ぶ『ボスト谷繁』は森監督代行でしょう」(プロ野球解説者)

 生え抜きのOBや落合体制を快く思っていない中日関係者も、虎視眈々と巻き返しを狙っているともいうが…。
 世代交代とは、チームを作り替えることでもある。仮に落合GMが“監督復帰”したとしても、同時にポスト落合の後継者も検討しなければならない。中日のチーム再建は長引きそうである。

最終更新:8/15(月) 14:26

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]