ここから本文です

【大学受験2017】国公私立大医学部・医学科の入試変更点一覧

リセマム 8月15日(月)15時15分配信

 SAPIX YOZEMI GROUPが運営するWebサイト「東大・京大・医学部研究室」は、2017年度入試における国公立・私立大学医学部・医学科の変更点について随時情報を更新、掲載している。各大学とも、入試方式や試験時間、項目ごとに変更点を一覧できる。

国公立大学医学部・医学科の変更点(一部)

 「東大・京大・医学部研究室」は、SAPIX YOZEMI GROUPが運営する「東大合格」「京大合格」「医学部合格」を目指す受験生のための総合情報Webサイト。入試対策や現役東大生、京大生、医学部生からのメッセージや入試に関するイベントなどの情報を発信している。

 「医学部研究室」では2017年度入試の医学部・医学科に関する変更点を一覧で掲載。北海道大学前期では理科の試験時間が変更になるほか、東京医科歯科大学では後期2段階選抜で予告倍率を緩和。大阪大学では「世界適塾推薦入試」が新たに実施され、前期日程の募集人員に変更が入り後期日程が廃止される。順天堂大学はセンター・独自試験併用入試(セ試併用)とセンター試験利用入試などで若干名の募集人員増減が予定されている。

 医学部研究室は、いずれの大学とも詳細は必ず募集要項で詳細を確認するよう呼びかけている。医学部研究室にはこのほか、SAPIX YOZEMI GROUPで医学部に合格した先輩の声を掲載する「合格の声」や医学部、医師国家試験に関する理解を深められる「医学部を知る」などのコーナーも用意されている。

《リセマム 佐藤亜希》

最終更新:8月15日(月)15時15分

リセマム