ここから本文です

戦没者慰霊と世界平和を祈る 奈良で「大文字送り火」

THE PAGE 8月15日(月)20時28分配信

戦没者慰霊と世界平和を祈る 奈良で「大文字送り火」 THEPAGE大阪 撮影:柳曽文隆  音楽:むんむ

 戦没者慰霊と世界平和を祈る火の祭典「奈良大文字送り火」が15日夜、奈良市の高円山で行われ「大の字」が大きく浮かびあがった。

【動画と拡大写真】戦没者慰霊の祈りを込め燃え上がる奈良の「大文字送り火」

 この送り火は、終戦記念日であるうら盆に、奈良県出身の戦没者29243人を供養する為に1961年(昭和35年)から始まったもの。

 「大」の字の大きさは、1画目が109メートル、2画目が164メートル、3画目が128メートルとなっており、国内では最大級を誇るという。奈良市内では各地で見物する人の姿が多くみられるが、平城宮跡でも朱雀門と眺める人が多い。ウォーキングがてら子供と見に来たという同市の40代女性は「これを見ると、暑いけど、もう秋だなともおもいます。京都が有名ですが、私たちにとっての大文字はこれですね。ただ、戦没者慰霊の意味も、私たちは子供の頃知り、私は子供達に教えています」などと話していた。

最終更新:8月15日(月)22時8分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。