ここから本文です

戦没者慰霊と世界平和を祈る 奈良で「大文字送り火」

THE PAGE 8/15(月) 20:28配信

戦没者慰霊と世界平和を祈る 奈良で「大文字送り火」 THEPAGE大阪 撮影:柳曽文隆  音楽:むんむ

 戦没者慰霊と世界平和を祈る火の祭典「奈良大文字送り火」が15日夜、奈良市の高円山で行われ「大の字」が大きく浮かびあがった。

【動画と拡大写真】戦没者慰霊の祈りを込め燃え上がる奈良の「大文字送り火」

 この送り火は、終戦記念日であるうら盆に、奈良県出身の戦没者29243人を供養する為に1961年(昭和35年)から始まったもの。

 「大」の字の大きさは、1画目が109メートル、2画目が164メートル、3画目が128メートルとなっており、国内では最大級を誇るという。奈良市内では各地で見物する人の姿が多くみられるが、平城宮跡でも朱雀門と眺める人が多い。ウォーキングがてら子供と見に来たという同市の40代女性は「これを見ると、暑いけど、もう秋だなともおもいます。京都が有名ですが、私たちにとっての大文字はこれですね。ただ、戦没者慰霊の意味も、私たちは子供の頃知り、私は子供達に教えています」などと話していた。

最終更新:8/15(月) 22:08

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。