ここから本文です

繊細ガラスの昆虫 新潟・越前浜で展示

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月15日(月)13時30分配信

 ガラス細工で昆虫を再現した作品展「夏休み-ガラスの昆虫たち展」が新潟市西蒲区越前浜のガラスのメルヘン美術館で開かれている。色鮮やかなテントウムシやカブトムシなど約50点が会場を彩っている。

 同美術館のガラス工芸作家松田尚子さん(62)が国内外のガラスを使って手掛けた。幼い頃に昆虫に親しんだ経験を生かし、細工加工が容易な棒ガラスを使って、色使いや動きにこだわって仕上げたという。透明感のある羽で本物そっくりのチョウやトンボなどが並び、訪れた人は興味深く見入っていた。

 家族で訪れた新潟市西区の無職女性は「気持ちがこもったすばらしい作品ばかり。色使いも繊細で、本物のようだ」と見入っていた。

 21日まで。午前10時~午後6時。問い合わせはガラスのメルヘン美術館、0256(77)2611。

最終更新:8月15日(月)13時30分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ