ここから本文です

「クール・チョイス」を駅で訴求…低炭素製品・サービスの利用を

レスポンス 8月15日(月)11時16分配信

国土交通省は、環境省が展開している低炭素型の「製品」「サービス」「ライフスタイル」など、温暖化対策に寄与する「賢い選択」を促す新しい国民運動「クール・チョイス」と連携する。

[関連写真]

国交省が推進している、エコな鉄道をもっとエコにする「エコレールラインプロジェクト」と、環境省が推進している「クール・チョイス」がそれぞれの取組みの普及啓発を図るため、合同でポスターを作成した。

ポスターの掲出について全国の鉄道事業者に協力を呼びかけたところ、北から南まで106の鉄軌道事業者・団体から賛同を得た。今後、8~9月にかけて全国の駅や電車内に約9000枚掲出される予定。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月15日(月)11時16分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。