ここから本文です

卓球3人娘が4強入り!12歳差“団子2姉妹”愛&美誠がメダル獲りの切り札

デイリースポーツ 8月15日(月)5時0分配信

 「リオ五輪・卓球・女子団体・準々決勝」(13日、リオ中央体育館)

 ロンドン五輪銀メダルの日本はオーストリアを3-0で下し、2大会連続の準決勝進出を決めた。シングルスで1番手の福原愛(27)=ANA=が3-0のストレート勝ちで勢いをつけると、2番手の石川佳純(23)=全農=も相手のエースを3-1で撃破。ダブルスでは福原と伊藤美誠(15)=スターツ=組が3-1で勝利し、圧倒した。14日(日本時間15日)の準決勝ではドイツと対戦する。

 2つのお団子(だんご)頭が交互に軽やかに弾む。第3試合。今大会のエースダブルス、福原と伊藤の“あいみま”が好連係で、2大会連続の4強入りに導いた。4ゲーム目は7-10から5連続ポイントを奪って逆転勝利。伊藤は「しっかりあそこで決められて良かった」と胸をなで下ろした。

 12歳差で同じたつ年生まれ。コート内外で姉妹さながら息ピッタリの連係をみせている。試合前には相手の特徴を記した研究ノートを2人で見て、戦術を確認した。1回戦のポーランド戦は福原のノート、この日のオーストリア戦では伊藤のノートを使って対策を立てた。

 試合の中では福原が姉のように伊藤をプレーでも精神面でも導く。伊藤はこの日、チャンスボールをミスする場面が何度かあり「ミスが多くなってしまって」と反省したが、福原は「美誠は一発の威力があるので自分がチャンスを作って、美誠が決められるラリーにできればと思ってる。今日はすごく良かった」とフォローし、納得の表情でうなずいた。

 福原にとって8月13日は特別な日だった。24年前のこの日、母千代さんからラケットをもらい、卓球を始めた“卓球記念日”。「特別な日に五輪の舞台のコートに立てて、感謝の気持ちでいっぱい。しっかりと勝つことができて、とてもいい25年目になった」と、朗らかに笑った。

 14日(日本時間15日)にドイツとの準決勝に臨む。2大会連続の決勝進出へはダブルスが大きな鍵を握っている。いまや“日本卓球界の姉”となった福原が「五輪は何が起こるか分からない。自信をもって力を合わせて頑張りたい」と意気込めば、伊藤も「メダルも懸かるけど、一戦一戦力を出し切る」と呼応。決勝進出、そして悲願の金メダルへ、さらに心を一つにする。

最終更新:8月15日(月)5時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。