ここから本文です

スマホアプリで船舶事故防止---国交省が実証実験へ

レスポンス 8月15日(月)12時17分配信

国土交通省は、船舶事故防止スマートフォンアプリの安全性について実証実験を実施すると発表した。

[関連写真]

日本周辺では、毎年2000隻以上の船舶事故が発生しており、そのうち7割以上を小型船舶の事故が占めている。国交省では、他船の接近を警告する機能や、危険海域の接近を警告する機能を持つスマートフォンアプリを普及させ、小型船舶の事故を未然に防止することを目的に「スマートフォンを活用した船舶事故防止分科会」を設置した。

分科会では、衝突事故や乗揚げ事故を防止するためのスマートフォンアプリを安全に利用してもらうため、10月頃から安全性についての実証実験を実施し、推奨される安全要件をガイドラインとしてとりまとめる。

実証実験を通じて、他船や浅瀬等が何メートル以内に近づいた場合に警告を発するべきかや、警告はどのような方法(色、形、音、振動)で行うべきか、何秒ごとに通信をすべきか、通信エリア外における安全性の担保をどうすべきかを検討する。

今後、実証実験の内容を検討した上で10月頃から実証実験を行い、2016年度内にスマートフォンアプリに推奨される要件をガイドラインとしてとりまとめて公表する予定。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月15日(月)12時17分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。