ここから本文です

「リーサル・ウェポン」第5弾はあり得る!? TV版プロデューサーが発言

映画.com 8月15日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース] メル・ギブソン&ダニー・グローバー主演の大ヒットアクション映画「リーサル・ウェポン」シリーズのテレビシリーズ化が企画されているなか、映画シリーズ第5弾の可能性が存続していることがわかった。

 米Slashfilmによれば、テレビ版の制作総指揮のダン・リンは8月8日(現地時間)、米テレビ批評家協会(TCA)主催のプレスツアーで、「『リーサル・ウェポン5』製作の可能性はまだある」とコメントしたという。しかし、「将来的にはあるかもしれないけど、いまは100%、テレビ版に集中している」と続けており、具体的な計画は存在しないようだ。なお、ギブソンは10年ほど前に「もうやりたくない」と断言していた。

 米FOXネットワークで新たにスタートするテレビ版は、映画と同様、ロサンゼルス市警が舞台。妻子を失った元米海軍特殊部隊員で、テキサス州の警察から転任してきた型破りな刑事マーロン・リッグスと、心臓に持病を持ち余計なストレスを避けたい刑事ロジャー・マータフのコンビが描かれる。ギブソンが演じたリッグス役に「NCIS」「24」のクレイン・クロフォード、グローバーが演じたマータフ役にデイモン・ウェイアンズが起用された。パイロット版はマックG監督がメガホンをとり、マット・ミラー(「CHUCK チャック」)が脚本を執筆する。

最終更新:8月15日(月)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。