ここから本文です

乃木坂46 秋元真夏、生田絵梨花、衛藤美彩インタビュー

リアルライブ 8/15(月) 18:01配信

 アイドルグループ、乃木坂46のセカンド写真集「1時間遅れのI love you.」(主婦と生活社刊)が発売された。同写真集について、同グループの秋元真夏、生田絵梨花、衛藤美彩にインタビュー。話を聞いた。

 --撮影でグアムに行かれたそうですね。

 秋元 グアムに行って、同じ部屋だったのが若月佑美でした。私は自撮り棒に携帯をつけて二人で写真を撮ろうと思ったら、連写モードになってしまって、急に300枚くらい撮れてしまったのが部屋での一番の思い出です。写真はそのままで、携帯に残っています。

 生田 4日目が自由時間だったのですが、私は早朝に番組でのスカイダイビングをして、その後に仮眠をして、スキューバダイビングに向かいました。グアムを上から下まで堪能しました。あと、私は免税店で生まれてはじめて香水を買いました。よくわからなかったので、さゆりん(松村沙友理)に選んでもらいました。

 衛藤 撮影は、「これが使われたんだ」と思うくらい全部自然に撮って頂きました。写真集だからと身構えることはなく、ナチュラルに撮れました。2期生も含めて全員で撮った写真集ははじめてなので、よかったです。オフでは、海だけでなく買い物にも夜に行きました。日本ではなかなかない化粧品を買いました。あと、キャプテンの桜井玲香と「いつか、こんなバッグとか持ちたいね」という感じで、ウィンドウショッピングを楽しみました。

 --撮影はどうでしたか?

 衛藤 乃木坂のメンバーといえば、“色が白い”という印象をもたれている方もいると思うのですが、みんなの日焼け対策が尋常じゃなかったです。私はそこまで色白というわけでもないし、人並みにしか気をつけないのですが、みんなは1分おきくらいにずっと日焼け止めを塗っていて、特に生駒(里奈)ちゃんとか松村(沙友理)は撮る直前まで、塗っていました。何がなんでも焼けたくないんだな(笑)と感心しました。

 秋元 特に女子高出身メンバーといわれる若月、中田(花奈)、桜井と撮ったものは、普段の感じで気を張ることもなく、自然体で撮れました。会話もリラックスして、オフモードな感じでした。

 生田 私は普段、年上のメンバーに甘えることが多くて、年下メンバーと撮影したことは意外と珍しくて。もちろん、話したことはあるけど、この時に(寺田)蘭世ちゃんとか、今回の撮影でたくさんしゃべりました。

 --最後にファンの方へPRをお願いします。

 秋元 セカンド写真集ということで、ファースト写真集では1期生で撮っていたものが、今回は2期生も加わって、場所も日本ではなくて海外です。1作目での初々しくて爽やかな感じから、2作目のはじけた感じとか個性的な衣装とか、乃木坂の枠にはまらないっぽさを見て欲しいと思います。

 生田 最初のページに「地球最後の日の前に乃木坂と南の島へ行ってきた」とコンセプトが書いてあります。メンバー全員と旅行しているような気分で見てもらえたらなと思います。オフ感が満載の表情だったり、シチュエーションが多いので。

 衛藤 とにかくメンバーのかわいさが詰まっているので、2016年の夏にしか出会えない姿だと思うので、たくさん見て下さい。

最終更新:8/16(火) 10:17

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]