ここから本文です

<リオ五輪>レスリング銅メダルのキム・ヒョヌ、悔し涙 「光復節に国旗を掲げたかった」

WoW!Korea 8月15日(月)10時7分配信

価値ある銅メダルを韓国にもたらしたレスリングのキム・ヒョヌ(28)。しかし、悔し涙を堪えることができなかった。

 リオ五輪レスリング・グレコローマンスタイル75キロ級に出場したキム・ヒョヌは、判定議論に巻き込まれながら価値ある銅メダルを獲得。今回のメダル獲得でキム・ヒョヌは、2012ロンドン五輪での金メダルに続き、2大会連続でのメダル獲得となった。
 
 試合後、ミックスゾーンでキム・ヒョヌは「4年間、金メダルだけを考えて準備してきたから、本当に悔しい」とし、「毎回が決勝戦だという思いで、後悔のない五輪にしたかった」と語った。

 また「きょうは光復節(日本からの独立を祝う韓国の祝日)。この日に、必ず金メダルを胸にかけて太極旗(韓国の国旗)を掲げたいと4年間準備してきたのだが…。実現できず悔しい」と涙を流した。

最終更新:8月15日(月)10時7分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。