ここから本文です

税金はいくら使われている? 人口一人当たりの歳出額トップ1は何県か?

THE PAGE 8月16日(火)10時22分配信

 7月末に実施された東京都知事選ではスウェーデンの国家予算にも匹敵する、都の財政規模の大きさが話題になりました。それでは他の道府県の財政規模はどのくらいになるのでしょうか。

歳出総額1位の東京はダントツで6兆円 2位大阪府 少なかったのは…

 総務省がまとめた本年度地方財政白書では、2014(平成26)年度決算について報告しています。通常、地方公共団体の会計は、「一般会計」と「特別会計」、「公営企業会計」(水道・交通・電気・ガス・病院・下水道など)に区別しています。

 しかし、各地方公共団体の会計区分が一様ではないため、総務省は決算統計上、先ほどの公営企業会計や国民健康保険事業会計・後期高齢者医療事業会計・介護保険事業会計など、公営事業に関する会計を除いた一般行政部門に関する会計を「普通会計」と呼んでいます。

 白書によるとこの普通会計の歳出総額が最も大きかったのは東京都6兆5540億1731万円です。次いで大阪府2兆7945億2238万円、北海道2兆3908億7815万円、愛知県2兆2475億292万円、兵庫県1兆9970億4408万円と続きます。
 
 一方、歳出総額が最も少なかったのは、鳥取県の3415億3173万円です。続いて、少ない順に、香川県4187億3041万円、佐賀県4272億4106万円、高知県4309億7199万円、福井県4444億3699万円となっています。

人口一人当たりの歳出額で最も多いのは福島県

 この歳出額を人口一人当たりにすると、どのくらいの額になるのでしょうか。歳出総額を2015(同27)年1月の各都道府県人口で計算してみました。

 すると人口一人当たり歳出額が最も多いのは福島県97万2千円でした。2位は岩手県74万9千円、3位島根県73万4千円、4位徳島県61万2千円、5位新潟県59万7千円です。反対に一人当たりの歳出額が少ない順は、神奈川県21万3千円、埼玉県23万3千円、千葉県26万円、愛知県30万円、静岡県30万3千円となっています。最も多い福島県と、最も少ない神奈川県を比べると4倍以上の差です。

1/2ページ

最終更新:8月16日(火)10時22分

THE PAGE

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。