ここから本文です

夏の夜、ともに 震災後初楢葉町内で盆踊り

福島民報 8月15日(月)10時54分配信

 福島県楢葉町のJR竜田駅前広場で14日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、初めてとなる町内での盆踊りが催され、大勢の町民らでにぎわった。
 昨年9月の避難指示解除から間もなく1年を迎える町内に、にぎわいを取り戻そうと、若者らでつくる「ほっつぁれDEいいんかいっ?!」が「ほっつぁーれ2016 盆楽祭」と銘打ち企画した。
 駅前広場の中央にやぐらを組み、紅白のちょうちんを飾った。やぐら上では笛や太鼓に合わせて「楢葉盆唄」が繰り返し演奏された。
 午後5時半の開始前から家族連れらが詰め掛け、町内では6年ぶりとなる盆踊りを楽しんだ。
 アコースティックギターの演奏を通じて音楽への思いを競う「ACO ONE GRAND-PRIX(アコワングランプリ)」の楢葉予選会やミュージシャンのライブも開かれた。

福島民報社

最終更新:8月15日(月)12時12分

福島民報