ここから本文です

バルサ、L・スアレス弾などで先勝 セビーリャ清武がレアル戦に続きフル出場/スペイン・スーパー杯

ISM 8月15日(月)10時25分配信

 スペイン・スーパーカップは現地時間14日(以下現地時間)にファーストレグが行なわれ、バルセロナがアウェイで清武弘嗣所属のセビーリャに2対0と先勝した。清武は9日に行なわれたレアル・マドリー(スペイン)とのUEFAスーパーカップに続き、公式戦2試合連続のフル出場を果たしている。

 リーガ・エスパニョーラ王者と、国王杯(コパ・デル・レイ)覇者が対戦するスペイン・スーパーカップだが、昨季はバルサが両大会とも制しているため、国王杯準優勝のセビーリャが出場。バルサは前半のうちにイニエスタとマシューが負傷交代となり、得点を奪えず、スコアレスでハーフタイムを迎える。

 それでもバルサは54分に均衡を破る。デニス・スアレスの浮き球のパスをエリア内でトゥランが胸で落とし、ルイス・スアレスが決めて先制点。さらにバルサは終盤の81分、メッシのアシストから途中出場のムニルが追加点。敵地で2点を奪って初戦を制した。

 セカンドレグは17日に行なわれる。(STATS-AP)

最終更新:8月15日(月)10時25分

ISM

スポーツナビ サッカー情報