ここから本文です

さくらしめじのゆったり・まったり“でない”その成長スピードに迫る!

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/15(月) 18:07配信

ドラマ「こえ恋」のオープニングテーマ「ひだりむね」を表題曲に置いた、最新シングル「ひだりむね」をリリースするさくらしめじ。着実にステップアップする彼らの成長著しい姿を感じることができる本作について話を聞いてみた。

新曲「ひだりむね」のMVはこちら

※高田彪我の「高」は正しくは「はしごだか」です。

----------

■……僕がたぶん知らない

──現在放送中のドラマ「こえ恋」のオープニングテーマにもなっている「ひだりむね」。“さくらしめじ=片思いソング”が続きますが、これまでとは雰囲気が違いますね。

田中雅功 そうですね。テーマとしては、これまでも歌ってきている片思いなんですけど、アップテンポで、第一印象からして楽しい曲だなっていうのがありました。より学校にいる感じといいますか、キラキラした感じ……。

高田彪我 青春!

雅功 そう、それ! がより表れた曲になりました。

彪我 イントロのフレーズから爽快感があるので、聴いてもらいやすい曲なんじゃないかなって思います。

──今回、学校での片思いが連想される曲になっていますが、ふたりは普段学校で友達の恋愛話を聞くことってあります?

雅功 そういう話自体はあるとは思うんですけど……僕がたぶん知らない。

彪我 情報が回ってこない……。

雅功 僕たち中学3年生なんですけど、絶対「誰が誰のこと好きで~」みたいな話はたくさんあるはずじゃないですか。なのに、なぜかまったく僕のところには回ってこないんですよね。

──念のために聞くけど、ふたりが学校で嫌われてるからとかではなく?(笑)

雅功 それはないです! ……たぶん(笑)。まだ好きな人もいないので、鈍感なのかもしれない。周りから見たら“あいつ、あの子のこと好きなんだな”とかわかるらしいんですけど、いつも「あっ! そうなの? へえー」ってリアクションしちゃいます。

彪我 僕も雅功さんと一緒で、まったく気づきません!

雅功 片思いとかそういうのまったくなくて……。

──なんか急に悲しい話になっちゃいましたね。

彪我 あはは(笑)。

■つられちゃわないようにするのが大変です(笑)

──まだ恋を経験していないふたりは「ひだりむね」をどう歌おうと?

雅功 歌詞にも出てくる“まあいっか”ってひと言が肝になってると思うんですよ。A・Bメロで高まっている感情がふっと無になる感じ。この部分はいちばん大切に歌いたいと思いました。

彪我 まだよくわからない気持ちもあるけど、共感できる部分もあるので、その点を伸ばしながら歌うようにしています。

──シングル全体を通じて、難易度が上がっているとうかがいましたが。

雅功 そうなんです! まず、「ふうせんはなび」は速くて、キメがたくさんあるんですよ。

彪我 僕がフレーズ、雅功さんがコードを弾く部分があるんですが、テンポが速いので、そのフレーズを弾くのが大変で。

雅功 すでに何回かライブで披露させてもらっているんですけど、やっぱりアップテンポなぶん、この曲はすごく盛り上がるので、とにかく頑張って演奏しています。

彪我 あと「だるまさんがころんだ」(かみぶくろばん限定収録)のAメロには、“ジャッジャーン”って歌のリズムとの合わせ方が難しいギターを弾くところがあるんですけど、そこも猛練習しましたね。

雅功 今まで基本的にふたりで同じコードを合わせることが多かったのですが、「またたび」(ねこばん限定収録)では僕が3フレット、彪我が5フレットにカポを使って演奏しているので、ふたりで弾いてることが違うんです。歌だけでなくギターのハーモニーも意識しないといけないので、この曲も苦戦しました。

彪我 つられちゃわないようにするのが大変です(笑)。

■こうやって改まってお互いに褒め合うって照れますね

──ちなみに覚えが良いのはどちらですか?

雅功 彪我です!

彪我 うっそだー!

雅功 僕はコードを間違って覚えてしまうことがあるんですが、ふたりで練習してるときに「そこのコードこれじゃない?」って彪我が間違ってるところを教えてくれたり。

彪我 それはお互いさまです(笑)。

雅功 あと、ハモリとかも覚えが早いですね。基本的にいろいろと飲み込みが早いんです。

──と、雅功くんが褒めてくれてますけど。

彪我 最近、自分たちでも曲を作ってみたりするんですけど、雅功さんはコード進行の付け方だったり、ストロークの仕方だったり、曲をアレンジするのがうまいんです。僕が作るとわりとストレートな感じの曲になるんですが、雅功さんは例えばBmをBm7にしてちょっとおしゃれにしたり、そういうセンスはすごいなって思います!

雅功 そんなそんな! なんかこうやって改まってお互いに褒め合うって照れますね……。

一同 (笑)。

──「こんこんずし」(きつねばん限定収録)では彪我くんがアコーディオンを担当していますが、雅功くんは何か挑戦してみたい楽器は?

彪我 エレキギター?

雅功 ギターじゃん!(笑) でもかっこいいですよね。うーん、でもやるならサックスとかやってみたいですね! ソロフレーズとか吹けたらかっこいいですよね。

──肺活量鍛えられますし、歌にも反映されそうですね。

雅功 たしかにそうですね! でも高そうですよね…。

彪我 そしたら僕がお金を貯めて……。

雅功 本当? 買ってくれるの?

──原稿に証拠として載せておきますね。

彪我 すみません! ここはすぐに消してください!(笑)

INTERVIEW & TEXT BY ジャガー

----------

【ライブ情報】
さくらしめじ おたまじゃくしの宴
10/09(日)神奈川・よこすか芸術劇場

【プロフィール】
田中雅功(たなかがく/2002年1月24日生まれ)、高田彪我(たかだひょうが/2001年10月23日生まれ)からなるフォークデュオ。2014年6月14日に“雅功&彪我”として活動をスタート。同年11月24日にユニット名が“さくらしめじ”となる。2015年、1stシングル「いくじなし/きのうのゆめ」を全国リリース。

【リリース情報】
2016.08.17 ON SALE
SINGLE「ひだりむね」
SDR

最終更新:8/16(火) 19:48

M-ON!Press(エムオンプレス)