ここから本文です

ゆよゆっぺがシンガーソングライターとしてメジャーデビュー、ゆとり世代を歌う

音楽ナタリー 8月15日(月)12時0分配信

ゆよゆっぺがシンガーソングライターとしてヤマハミュージックコミュニケーションズからメジャーデビューすることが決定。10月26日に1stアルバム「ゆとりだから本気になれない」をリリースする。

ゆよゆっぺはラウドロックをVOCALOIDシーンに取り入れたオリジネーターとして人気を博したボカロP。BABYMETALの作詞・作曲・編曲・ミキシングなどをはじめ、近年はさまざまなアーティストへの楽曲提供で活躍しており、さらにDJ名義のDJ'TEKINA//SOMETHINGとしてEDMサウンドで各地のフロアを沸かせている。彼は今年5月にDJ'TEKINA//SOMETHINGとしてエイベックスからメジャーデビューを果たしアルバム「KAWA-EDM」を発表しているが、続いてゆよゆっぺとしてもメジャーデビューすることになった。

今作は、ゆとり教育が行われていた時代を平成生まれが振り返りながら、今感じている気持ちをアコースティックサウンドに乗せて歌うという、“平成のフォークソング”とも呼べる作品。過去にボカロPとして発表した作品や自身のバンドの楽曲のセルフカバー、そして「ゆとり」「本気になれない」という2曲の新曲が収録される。

ゆよゆっぺ「ゆとりだから本気になれない」収録曲
01. You and beautiful world02. めいめろ03. Story of Hope04. Hope05. Lost Story06. Sweet Circle07. ゆとり08. 本気になれない09. Cry10. だから11. いつでも、どこでも

最終更新:8月15日(月)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。