ここから本文です

渡 梓、映画「カノン」主題歌を含む新作『WATARI AZUSA』をリリース

CDジャーナル 8/15(月) 17:09配信

渡 梓、映画「カノン」主題歌を含む新作『WATARI AZUSA』をリリース

渡 梓、映画「カノン」主題歌を含む新作『WATARI AZUSA』をリリース

 ウェットかつノスタルジックな歌声でフォーキーなR&Bを奏でる長野県出身のシンガー・ソングライター渡 梓が、新作『WATARI AZUSA』を10月5日(水)にリリース。初回盤(CD + DVD YCCW-10288~B 3,241円 + 税)と通常盤(CD YCCW-10289 2,500円 + 税)の2形態での発売が決定しています。

 2011年にリリースしたミニ・アルバム『PRECIOUS』が話題となり、以降映画やTV番組のエンディング曲や挿入歌などに起用されてきた渡 梓。『WATARI AZUSA』は、比嘉愛未、ミムラ、佐々木 希、鈴木保奈美などの実力派俳優が多数出演する10月1日(土)公開の雑賀俊朗監督映画「カノン」で主題歌に起用されている楽曲「セピア」を含む全8曲入り。「セピア」は、富山、金沢、東京を舞台に母と三姉妹が繰り広げる家族再生の物語「カノン」のために渡が書き下ろした楽曲となっています。

最終更新:8/15(月) 17:09

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]