ここから本文です

泣ける…鈴木おさむのSMAP愛が話題

シネマトゥデイ 8月15日(月)12時32分配信

 放送作家の鈴木おさむが14日、解散を発表したSMAPへの思いを、自身のブログでSMAPの楽曲タイトルを盛り込みながらつづり、「泣ける」と反響を呼んでいる。

【写真】SMAP稲垣吾郎がトラウマを持つ男性に…

 数多くのSMAPの看板番組を手掛けていた鈴木はこの日、「愛することを止めることは出来ないぜ!」と切り出してブログを更新。SMAPのデビュー曲「Can't Stop!! -LOVING-」になぞらえてスタートさせた。さらに「KANSHAしようよ、いいことが待っているからと、俺たちに明日はあるんだと叫び、沢山の胸騒ぎを起こし」とSMAPのシングルタイトルを連想させるように“SMAP愛”を表現。

 また「例え仲間が減っても、シブトクツヨク粘った結果、青い稲妻を落とし、世の中をSHAKEさせ、ダイナマイトで爆破させて」とメンバー脱退を経ても活躍を続けたSMAPに触れながら、最後は「OTHER SIDE に向かって歩き始めるけど、彼らへの愛が止まることなんかないのだ」と昨年9月にリリースされたシングル「Otherside/愛が止まるまでは」で締めくくった。

 ブログを読んだ人からは「本当にありがとうございます。涙が止まりません」「やっと、やっと、涙が出ました」「おさむさんのブログを見て、SMAP愛を見て、初めて涙が出ました」「ハートに しみいります」など感謝のコメントが殺到している。(鏑木優)

最終更新:8月15日(月)14時52分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。