ここから本文です

“映画版GReeeeN”ついにメンバー解禁

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月15日(月)18時13分配信

GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く軌跡の物語、映画「キセキ -あの日のソビト-」の場面写真が解禁。菅田将暉演じるヒデがリーダーのGReeeeNの全メンバーと、ライブで歌う4人の姿が初披露となった。

【詳細】他の写真はこちら

松坂桃李とのW主演が発表されたGReeeeNのリーダー・ヒデ役の菅田将暉に加え、 このたび、その他3人のメンバーが解禁。

ナビを演じるのは、映画「オオカミ少女と黒王子」、映画「全員、片想い」のなかの「イブの贈り物」主演を務めたほか、Huluオリジナルドラマ「でぶせん」、CX27時間テレビ内「スカッとジャパン」でラストシーンの生演技が話題を呼ぶなど、幅広い活躍をみせる横浜流星。

クニを演じるのは、「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活動し、TVドラマ「FLASHBACK」にて高梨臨とのW主演で俳優デビュー。映画「残穢 -住んではいけない部屋-」ほか、劇場アニメ「ONE PIECE FILM GOLD」、新海誠監督作品「君の名は。」で声優を務めるなど、マルチな才能で活躍中の成田凌。

そして、ソウを演じるのは、昨年、第12回FINEBOYS専属モデルオーディションで、グランプリを獲得し、本作が映画初出演となる次代のブレイク最有力候補の注目株、杉野遥亮。劇中では彼ら自身の声でGReeeeNのヒットナンバーが披露される。

「まだまだ未完成であり続ける、未知の可能性」という意味で名付けたと言われているGReeeeNの名のとおり、共に夢を信じて、諦めずに自らの道を見つけ出す、キセキを描いた物語に、未知なる可能性を彩る豪華メンバーが揃った。

ナビ役/横浜流星 コメント
僕が初めて買ったCDはGReeeeNさんのアルバムです。大好きなGReeeeNさんのメンバーとして出演させていただけてすごくうれしいです。顔を公表していない皆さんを演じることに、大きな責任とプレッシャーを感じながらも、楽しんで演じさせていただきました。現場では監督、スタッフさんが近い存在でいてくださり、4人の一体感や雰囲気をとても大切にしていました。本当に心から楽しく撮影できました。ぜひGReeeeNさんのファンはもちろん、たくさんの方に観ていただけるとうれしいです。

クニ役/成田凌 コメント
僕ら4人はいい雰囲気で、控え室でも菅田さんを中心に楽しくやらせてもらいました。4人で会う機会が何度もあったり、 歌練習の合間にカラオケに行けたり、そういう空気を監督自らが作ってくれて、本当に助けになりました。僕らの歌の完成版を初めて聴いたとき、泣くぐらい鳥肌が立って、歌が好きになりました。お芝居もみんなでやることで改めて好きになりました。本当に楽しくて貴重な現場で、この4人の空気感が皆さんに伝わると良いなと思います。

ソウ役/杉野遥亮 コメント
兼重監督からソウのキャラクター作りの際に、僕からインスピレーションを受けたとおっしゃっていて、そういった意味では気負わずに自然体で演じていくことができました。本格的な演技をするのはこの映画が初めてで、アドリブも多かったり苦労もありましたが、毎日がすごく充実して楽しくて、いちばん最初に経験できたのがこの作品で本当に良かったと思います。僕らが感じた楽しさを、同じように映画を観た皆さんにも感じていただけるとうれしいです。

映画情報
「キセキ -あの日のソビト-」
2017年新春全国公開
出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹/麻生祐未、小林薫
監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし
配給:東映
製作プロダクション:JOKER FILMS
(C)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

「キセキ -あの日のソビト-」OFFICIAL WEBSITE
http://kiseki-movie.com/

最終更新:8月15日(月)18時13分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。