ここから本文です

池端レイナ新出演で“新展開”へ突入!「好きな人がいること」第6話

cinemacafe.net 8月15日(月)18時0分配信

桐谷美玲、山崎賢人、三浦翔平、野村周平ら人気の若手俳優が海辺のシェアハウスを舞台に繰り広げるロマンチックラブコメディー「好きな人がいること」の第6話が8月15日(月)今夜オンエア。さらに新キャラとして台湾の大スター・池端レイナが登場し“新展開”に突入する。

【写真】桐谷美玲&山崎賢人&池端レイナ/ドラマ「好きな人がいること」第6話

本作はパティシエを目指す桐谷さん演じるヒロインの櫻井美咲が、三浦さん演じる高校時代の初恋の人・柴崎千秋と再会。彼が経営する海辺のレストランで住み込みのバイトをすることに。そこには山崎さん演じる次男の柴崎夏向と野村さん演じる三男の柴崎冬真も住んでおり、4人での共同生活が始まる…という物語。

前回放送の第5話では千秋と花火大会に行くことになった美咲だが、購入した浴衣を夏向に見せると「いい歳して浮かれるな」とバカにされ激怒してしまう。さらに花火大会直前、告白しようとするも子どもにじゃまされたりと、見ていてヤキモキする展開。一方以前から大原櫻子演じる西島愛海がついに千秋に話をしようとするも「俺たち兄弟に関わらないでくれ」と冷たくあしらわれる。愛海と千秋たち兄弟の関係も気になるところだ。そして4話で留学がウソだったことが発覚した菜々緒演じる楓は街を去る決意をするが、ウソをついてまで千秋の元を去った真相が判明。それを知った千秋は美咲を置いて楓を追う。そしてラスト、置いてきぼりになった美咲のもとに現れた夏向。「好きなひとがいるって辛い」と泣く美咲に「俺がいんだろ。俺がそばにいてやるよ」と言い抱き寄せる夏向。美咲をめぐる四角関係は新たな展開を迎えることになった。

特に夏向の“直球告白”は放送直後からTwitterで話題に。「山崎賢人に完璧ノックアウト」「毎週月曜日私をキュン死にされる気ですか」など、山崎さん演じる夏向のカッコよさを絶賛するツイートが相次いだ。第1話の“顔むにキス”から先週の“直球告白”まで毎回話題を振りまいてきた本作も、今夜から新展開へ突入する。

千秋への想いをあきらめざるを得なくなった美咲は夏向に「俺がそばにいてやる」と抱きしめられ複雑な心境で、翌朝夏向と顔を合わせても動揺を隠しきれない。しかし夏向はいつも通りぶっきらぼうな態度を取る。そこに現れた千秋に楓とやり直すことを告げられた美咲は洗面所で1人涙を隠すために顔を洗い続ける。

そんななか千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込む。コラボする店は超有名レストラン。驚く冬真に千秋が、先方が夏向と一緒に仕事がしたいと指名してきたと明かすと話を聞いていた冬真の表情が少し曇った。

夏向が美咲と一緒に先方のレストランに打ち合わせに向かうと、レストランプロデューサーの大橋尚美(池端レイナ)が出迎える。有名プロデューサー登場に大はしゃぎする美咲だが、どうも夏向と尚美は知り合いのよう。

そして打ち合わせを終え帰ろうとした美咲を夏向が引き止める。行きたいところがあるので付き合えと言う…というのが今夜放送の6話のストーリー。

今回から新キャラクターとして池端レイナ演じる大橋尚美が登場する。尚美は30歳のキャリアウーマンで、かつて夏向をシェフに誘ったことがあるほど夏向の腕を買っている有名レストランの敏腕プロデューサー。一流パティシエになるという夢を持ち続ける美咲にも今後、大きな影響を与えていく存在だという。尚美を演じる池端さんは台湾で大活躍する女優で、現在は台湾の人気ドラマ「美好年代」で主演、マドンナ役を演じている。今回は日本と台湾を行き来しながら月9出演を叶えたとのこと。

「月9に出るということは私の大きな目標」だったと語る池端さん。「日本と台湾の両方で連ドラに出演できるという、私にとって本当に最高の夏になりました」と出演の喜びと共に、本作について「恋や仕事でうまくいかなくて悩んでいる人も、ひと夏の体験を通して成長し、自分の幸せが何なのかを見つけていくヒロインの姿に共感することができると思います」と魅力をコメント。今後池端さん演じる尚美がどう美咲と3兄弟の関係に絡んでくるのかにも注目だ。

「好きな人がいること」第6話はフジテレビ系で8月15日(月)21時より放送。

最終更新:8月15日(月)18時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。