ここから本文です

藤井は引退表明「最後のレース」入江は涙「未来についてゆっくり考えたい」

デイリースポーツ 8月15日(月)6時3分配信

 「リオ五輪・競泳・男子400mメドレーリレー・決勝」(13日、五輪水泳競技場)

 入江陵介(26)=イトマン東進=は前回のロンドン五輪では3つのメダルを獲得したが、リオでは一度も表彰台に立つことはできなかった。3度目の五輪を終え「一番苦しい五輪だった」と振り返り、今後については「このレースに集中してきたので、また来年頑張るとは言えない。やり切った気持ちもある。しばらく、自分の未来についてゆっくり考えたい」と泣きながら揺れる思いを口にした。

 藤井拓郎(31)=コナミスポーツ=はレース後、涙目で「きょうが最後のレースになるのは間違いない」と引退を表明した。集大成となった五輪はこの種目だけ決勝に臨んでいた。「悔しいが十分に戦った誇りの方が大きい」と自らに言い聞かせた。

最終更新:8月15日(月)7時56分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]