ここから本文です

ゼイン・マリク、「1D」で過ごした5年間の暴露本を出版か?

cinemacafe.net 8月15日(月)18時15分配信

2015年3月、「ワン・ダイレクション」から突然脱退したゼイン・マリクが、「1D」にいた5年間のすべてを語る暴露本を発売すると「Mail Online」などのメディアが報じている。

【写真】「ワン・ダイレクション」5人体制/フォトギャラリー

ソロ活動が順調なゼインは、「1D」脱退後、バンドと自分の音楽の方向性が全く違っていたという“音楽”に関する相違などを語ることはあったが、「1D」のメンバーとしての詳細な生活ぶりを明かすことはなかった。

脱退から1年半、ゼインは一体何を語るのか。「1D」に関する爆弾級のネタが詰まっているであろうこの本に、戦々恐々かつ憤慨しているのが「1D」の生みの親サイモン・コーウェルだ。関係者によれば、サイモンはこの本が出版されるのをなんとか食い止めようとするだろうとのことだ。しかし、ゼインの決意は固く、「クリーンなイメージで守られている『1D』の背景にある秘密を公表したい」という。

ゼインの「自伝」の名目で書かれるというバンドメンバーとしての5年間の歴史。そこには元婚約者のペリー・エドワーズとの交際や、現在の彼女であるジジ・ハディッドとの関係も綴られるそうだ。

現在活動休止中の「1D」はそれぞれがソロ活動や充実した休暇を送っており、再結成も危ぶまれている中、「暴露本」の内容によっては本当に再結成への道が閉ざされてしまうかもしれない…。

最終更新:8月15日(月)18時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。