ここから本文です

「香川はもっとできる」 独紙、採点は厳しくとも能力を評価

ISM 8月15日(月)11時57分配信

 現地時間14日に行なわれたドイツ・スーパーカップのバイエルン戦にフル出場したドルトムントの香川真司。地元『ルール・ナッハリヒテン』紙(電子版)は戦評で、同選手の能力を認めつつ、もっと力を出せるはずだと綴っている。

 この日は0対2でバイエルンに完敗したことから、同紙の選手採点はいずれも低め。ピエール・エメリク・オーバメヤンと香川は3.5(ドイツでは1が最高、6が最低)で並び、アドリアン・ラモスは4.0とチーム最低点となった。

 しかし同紙は香川について「非常によく動き、敏捷性もあり、クリエイティブだが、ミスがないわけではなかった。今後、マリオ・ゲッツェとポジション争いをすることになるが、彼はもっとできる」との寸評を掲載。この試合ではポテンシャルを発揮できなかったとの見方を示している。

最終更新:8月15日(月)11時57分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]