ここから本文です

<北川景子>映画「破門」で大阪弁披露 橋本マナミは“初”の愛人役に

まんたんウェブ 8月16日(火)6時0分配信

 女優の北川景子さんが、俳優の佐々木蔵之介さんと「関ジャニ∞」の横山裕さんがダブル主演する映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」(小林聖太郎監督)に出演することが16日、明らかになった。北川さんが演じるのは、横山さん扮(ふん)する建設コンサルタントの二宮啓之が思いを寄せる美女・渡辺悠紀で、映画では初めて全編にわたって関西弁を披露する。

【写真特集】映画「破門」のビジュアル 2つの影が……

 また、北川さんのほか、新キャストとして橋爪功さん、國村隼さん、宇崎竜童さん、木下ほうかさん、キムラ緑子さん、矢本悠馬さん、中村ゆりさん、橋本マナミさんの出演も決定。“愛人キャラ”で知られる橋本さんは初めて愛人役でキャスティングされた。

 兵庫県出身の北川さんは「大阪弁の役をいただいたことも非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました。大阪ロケでは本場のたこ焼きを食べられてうれしかったです」とコメント。

 役どころは「大阪の気ぃ強いネエちゃん」(小林監督)だといい、「激しいアクションの要素がありつつも、佐々木さんと横山さんの軽妙なやり取りがとても面白い作品でした。私はアクション部分に絡まない、お見合いばかりしているお気楽な女性の役柄ということで、平和な撮影でした。劇中は男の世界ですが、ぜひ女性の方にもご覧いただきたいです」とアピールしている。

 「破門 ふたりのヤクビョーガミ」は、第151回直木賞を受賞した黒川博行さんの「破門」が原作。大阪が舞台で、貧乏な建設コンサルタントの二宮(横山さん)と仕事を通じて知り合ったイケイケなやくざ・桑原保彦(佐々木さん)の凸凹コンビが、金を持ち逃げした小ずるい詐欺師・小清水(橋爪さん)を追いかけるが……というストーリー。

 小清水の愛人・玲美役を演じる橋本さんは「スリルあふれるストーリーに身を委ね、演じている側もドキドキしながら映画の一瞬一瞬を過ごさせていただきました。私は橋爪功さんと一緒のシーンが多く、橋爪さんのチャーミングでダンディーな魅力に酔いしれながら現場をご一緒できたことはとても貴重な時間でした」と振り返っている。

 「破門 ふたりのヤクビョーガミ」は2017年1月28日公開。

最終更新:8月16日(火)20時5分

まんたんウェブ