ここから本文です

ティルダ・スウィントンらセレブが危険な四角関係に!『胸騒ぎのシチリア』公開決定

cinemacafe.net 8月15日(月)18時30分配信

ロック界のトップスターとその年下の恋人に、元カレとその娘という、4人のセレブたちの誘惑と嫉妬が交錯する危険なヴァカンスを描く『A Bigger Splash』(原題)が、邦題『胸騒ぎのシチリア』として、11月、日本公開されることが決定。日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

【写真】主演のティルダ・スウィントン

世界的な人気を誇るロック歌手のマリアンは、痛めた声帯と心を癒すため、年下の恋人のポールとともに、シチリアのパンテッレリーア島で優雅な時間を過ごしていた。ところが、マリアンの元カレでカリスマ音楽プロデューサーのハリーが、セクシーな“娘”ペンを連れて押しかけてくる。歌って踊り続けるエネルギーの塊のようなハリーは、実はマリアンとの復縁を狙っていた。一方で、若さを持て余したペンは、ポールへの好奇心を募らせていく。マリアンの焦りが最高潮に達したとき、思いもよらない事件が起き…。

「ザ・ローリング・ストーンズ」の名曲と、「ディオール(Dior)」の衣装の数々が彩る、セレブたちの危うくて華麗な、ひと夏のヴァカンスの物語を描く本作。

トップスターのマリアンを演じるのは、『フィクサー』でアカデミー賞に輝き、『スノーピアサー』や『ヘイル、シーザー!』など、さまざまな役に挑み続けるティルダ・スウィントン。本作では、喉を痛めたロック歌手という設定ゆえ、セリフが極端に少ない役柄であるにも関わらず、振り回されてばかりだが奔放さが魅力的な昔の恋人と、誠実だが少し退屈な年下の恋人の間で揺れる女心を、眼差しと表情、身のこなしで演じきった。

マリアンの元恋人のハリーには、『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート卿や『007 スペクター』の“M”役のレイフ・ファインズ。近年では『グランド・ブダペスト・ホテル』で演じたトボケたホテルマン役も高く評価され、揺るぎなき名優の域に達した彼が、本作でも果敢に新境地を開拓。シャツもはだける、陽気で破天荒な音楽プロデューサーを大胆に演じ、強烈な印象を残している。

さらに、ハリーの娘だと名乗るペンには、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のダコタ・ジョンソン。若さゆえの切なさと残酷さを鮮烈に体現する。マリアンの現在の恋人ポールには、『リリーのすべて』『フランス組曲』などでも注目されたマティアス・スーナールツ。2人の名優と期待の次世代俳優たちが、不穏かつ魅惑的なアンサンブルを奏でていく。

今回解禁となったポスターでも、シチリアの美しい海と青い空を中心に、ティルダ、レイフ、ダコタ、マティアスの4人が配され、嵐の前の静けさともいえるかのような危うい関係を暗示。眩しすぎる太陽が、やがて彼らの理性と禁断の境界線を溶かしていくラブ・サスペンスを、ティルダとは『ミラノ、愛に生きる』(’11)でも組んだルカ・グァダニーノ監督が鮮烈に描き出していく。

『胸騒ぎのシチリア』は11月、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。

最終更新:8月15日(月)18時30分

cinemacafe.net