ここから本文です

GReeeeNメンバーの素顔イケメンすぎ!? 映画『キセキ』追加キャスト発表

シネマトゥデイ 8月15日(月)17時6分配信

 音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生にまつわる映画『キセキ -あの日のソビト-』で、松坂桃李とのダブル主演が発表されたリーダー・HIDE役の菅田将暉に加え、残りのメンバー役3人のキャストが明らかになった。

【動画】GReeeeNの名曲「キセキ」が美しく響きわたる特報

 顔出し一切なし、全員が歯科医師とアーティストを両立している異色のボーカルグループ・GReeeeN。本作は松坂演じるGReeeeNのプロデューサー・JINと、その弟HIDEの物語を描き、彼らの名曲「キセキ」誕生のバックボーンに迫る。

 新たに発表されたのは、navi役に『全員、片想い/イブの贈り物』の横浜流星、92(クニ)役に『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』に出演した成田凌、SOH役に映画初出演となる杉野遥亮。横浜は「顔を公表していない(GReeeeNの)皆さんを演じることに、大きな責任とプレッシャーを感じながらも、楽しんで演じさせて頂きました」とコメント。

 成田は「僕ら4人はいい雰囲気で、控え室でも菅田さんを中心に楽しくやらせてもらいました」と振り返った。本格的な演技をするのが初めてな杉野は「アドリブも多かったり苦労もありましたが、毎日がすごく充実して楽しくて、一番最初に経験できたのがこの作品で本当に良かったと思います」と明かした。

 プロデューサーのJINは彼らの演技について「(本当の)メンバーそっくりな瞬間を多々感じられるほどでした」と告白。「仲の良さや、無邪気さ、そういった内面的なものにまで及び、当時から見てきたGReeeeNを思い出し涙が止まらなくなりました」と言及し、「間違いなく心に残る映画になると思います」と本作をアピールした。(編集部・小泉裕嗣)

映画『キセキ -あの日のソビト-』は2017年新春公開

最終更新:8月15日(月)17時6分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。