ここから本文です

LGDA夏祭り…サーキットよりお台場のほうがイイ?

レスポンス 8月15日(月)15時48分配信

14日にお台場メガウェブで開催されたLGDA夏祭りでは、子供向けイベントも多く開催。なかなか乗ることができないマシンに興味津々だった。

[関連写真]

LGDA夏祭りは今年で11回目を迎え、夏休みの定番イベントとして定着している。サーキットにおける子供向け体験コンテンツも種類は豊富だが、レース進行による時間制限などもあり、限られた人数しか体験できない。しかしこのLGDA夏祭りでは、少し待てば、ほぼ全員が体験できる。しかもタイミングが合えば、ドライバーが寄り添い一緒にイベントを楽しんでくれる。

オリジナルヘルメットを作るコンテンツでは、型紙に自由にカラーリングを施し、組み立てればかぶることも可能。見本としてドライバーのヘルメットが展示してあり、それを見るだけでも一見の価値がある。

会場には過去実際に走っていたレクサス『SC430』を展示。タイヤ交換チャレンジではエアインパクトを使い実際にタイヤ交換を体験、大きな音とともに動くインパクトレンチの振動やタイヤの大きさに驚いていた。途中マスコットの「レクサスくま吉」も参加し、見事なタイヤ交換を披露していた。

ハンドルカーはその名の通り、ペダルではなくハンドルを左右に動かすことで進むキッズ用の乗り物だ。プロドライバーと子供たちがチームを組んだ対抗戦も行われ、ドライバーが必死に操縦して動かしている姿もコミカルで、子供たちに応援されている姿もほほえましいシーンが広がった。

ラジコンドライビングでは意外に悪戦苦闘する姿が会場の笑いを誘うなどコンテツごとに笑いがあふれていた。

《レスポンス 雪岡直樹》

最終更新:8月15日(月)16時10分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。