ここから本文です

トムヒ、自らペンキまみれに!売れっ子日本人ヘアメイクが語る『ハイ・ライズ』の造形

cinemacafe.net 8月15日(月)19時0分配信

トム・ヒドルストン、ジェレミー・アイアンズ、ルーク・エヴァンスら人気英国俳優が集い、傑作SFミステリーを完全映画化した『ハイ・ライズ』。本作でヘアメイクを担当したのは、ロンドン在住の日本人ヘアメイク・吉原若菜。昨年の大ヒット作『シンデレラ』をはじめ、『007 スカイフォール』や『ダイアナ』など数々の映画やTVドラマを支える売れっ子が、本作の日本公開に寄せ、キャラクターの造形作りや気になる俳優たちのマル秘エピソードについて語ってくれた。

【写真】ペンキまみれのトム・ヒドルストン/『ハイ・ライズ』

誰もがうらやむ新築タワーマンション(=ハイ・ライズ)を舞台に、閉鎖的な理想郷の崩壊と階級闘争を、ミステリアスに描き出す本作。

登場人物それぞれのビジュアルを作る上で、衣装とヘアメイクは切っても切れないもの。吉原さんが、衣装を担当したオディール・ディックス=ミローや監督のベン・ウィートリーと行った取り組みは、台本を受け取った時点で想像したものや形にしたい雰囲気を相手に視覚的に伝えるため、キャラクターごとにムードボード(他者にデザインのイメージをより分かりやすく視覚的に共有する目的で作るもの)を作成したことだった。それをもとに、監督や脚本家、ヒドルストンら役者陣と相談しながらキャラクターを作り上げていったという。

本作の舞台となる1970年代は、男性では長髪や髭、もみあげが流行った時代で、女性はカラフルなメイク、つけまつげや多量のマスカラ、ボリューミーな髪型やボーイッシュなスタイルが流行していた時代。「ムードボードを作成する上で参考にしたのは、写真家による作品」だそうで、「ヘルムート・ニュートン、ギイ・ブルダン、サラ・ムーンなどの名カメラマンの世界観に共感を得た」という吉原さん。例えば、マンション上層階に住む女優ジェーン(シエンナ・ギロリー)には、シャーロット・ランプリングやカトリーヌ・ドヌーヴといった名女優の往年の写真を参考にしたという。

しかし、ヒドルストン演じる若き医師ラングのように、自身のスタイルに強いこだわりがあり、流行にあまり流されないようなキャラクターは、これに当てはめることができない。そこで、19~20世紀半ばまでの医療分野でのノーベル賞受賞者たちの髪型を調べたそうで、彼らが時代に関係なく短く整った髪型をしていたことを参考に、すっきりした短髪を選択した。住人同士の階級闘争が激化し、ラングの身だしなみも崩れていく映画の後半では、ジェームズ・ディーンやマーロン・ブランドといった名優たちの、整った髪型が乱れたり、無精髭があったりするさまざまなパターンの写真を調べ、ラングにも取り入れた。また、アイアンズ演じる“ハイ・ライズ”を設計した建築家ロイヤルをはじめ、中年や年配のキャラクターには、舞台より少し昔の1940~60年代の流行りを意識するなど、キャラクターによって細かく変化がつけたという。

監督の撮影がスピーディだったことから、本来なら充分時間をもらえるメイクにもスピードが求められたそうだが、「難しいというよりは楽しかったですね」と吉原さんはふり返る。映画の後半、ラングの顔がペンキまみれになるシーンがあるが、これはヒドルストン自身による“独創的パフォーマンス”。限られた時間の中、彼が自らペンキまみれの手でその顔を塗りたくったのだ。

そんなヒドルストンの髪は、吉原さんによると「とても柔らかい髪質」だそう。前髪に少し艶が出るように見せるため「ハイライトを入れたい」と伝えたところ、彼は休日に海に出かけ、自然の力でハイライトに仕上げてくれたとか。また、エヴァンスが演じる階級闘争の鍵を握るワイルダーで印象的なのは、太いもみあげ。強靱で、たくましく、勇敢さに長けて好戦的といったキャラクターを象徴するアイコンとなっている。エヴァンスはもともと顔の毛が濃くなく、自前でもみあげを作ることができないため、撮影時にメイクで取りつけていたという。そのため、ワイルダーがたびたびプールに飛び込むシーンでは「もみあげから目が離せなかった」とか。ちなみにアイアンズは、クロスワードパズルが大好きで、メイク室でも常にやっており、時には撮影現場のスタッフたちを巻き込むほど本格的なものにも取り組んでいたそう。

それぞれ魅力の異なるキャラクターや場面ごとに、細かく計算し尽くされたヘアメイクをはじめ、衣装や内装など、人物像が投影される細部にも注目することで、本作はまたひと味違った楽しみ方ができそうだ。

『ハイ・ライズ』は全国にて公開中。

最終更新:8月15日(月)19時0分

cinemacafe.net