ここから本文です

ミランダ・カー、子育てのために元夫オーランド宅の近所へ引越し

cinemacafe.net 8月15日(月)19時15分配信

ミランダ・カーは元夫オーランド・ブルームの希望により、子育てのために最近マリブへと引っ越したのだそうだ。

【写真】オーランド・ブルーム&フリンくん/フォトギャラリー

2013年に破局した2人はこれまでニューヨークでの暮らしに満足していたものの、カリフォルニア州の方が5歳の息子を育てるのに適していると感じたことから、オーランドの自宅近くに環境に優しい200万ドル(約2億円)相当の自宅を購入したのだという。

「オーランドと私はニューヨークにいままで住んでいて、気に入っていたのよ」「でも息子のために何が一番良いかと考えていたの。オーランドはマリブにも家を持っていて、そっちに引っ越そうってことになったの」「2人ともその方がフリンにとってより良い生活が送れると感じたの。外で1年中遊べるし、砂遊びしたりね。それに庭だって持てるでしょ」「それで家族として近くにいるために家探しを始めたの」とミランダはそのいきさつを語る。

新居を見つけた際、ミランダが一番欲しかったのは透明なアクリル製の子ども用グランドピアノだったそうで、「Harper’s BAZAAR」誌の最新号でミランダは「私は子どもの頃、よくおばあちゃんの家ですごしていたの」「人がよく出入りしていたわ。おばあちゃんは台所で何かしら作っていたものよ。いつも食べ物やおやつがあったの。そしておばあちゃんがピアノを弾いて、みんなで歌って踊っていたものよ。だから私にはどうしても必要な2つのことがあったの。ピアノと素敵なキッチンってね。キッチンは常に家庭の中心でしょ」と説明した。

そしてスナップチャットのCEOの婚約者エヴァン・スピーゲルから、空気中に含まれる水分から家じゅうに使用される水を作り出すという環境に優しい設備をプレゼントされたそうで、「この家を買ったときはただのホコリまみれの家だったんだけど、いまはとても緑に溢れているの」「この設備は空中から水分を取り出すのよ。私がどれだけ庭が好きかを知っている彼からのとても思いやりのあるプレゼントだわ」と明かした。

(C) BANG Media International

最終更新:8月15日(月)19時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。